1. TOP
  2. 日本酒の美容効果は驚き!手作り美容液の作り方やお手入れ法をご紹介

日本酒の美容効果は驚き!手作り美容液の作り方やお手入れ法をご紹介

 2017/01/12 美容
この記事は約 11 分で読めます。 251 Views

みなさんはお酒を飲みますか?適度な飲酒というのは、心身をリラックスさせて食事も美味しく食べられる百薬の長として勧められていますよね。日本人が昔から飲んでいる日本酒には、それ以外にも美容や健康に良い効果がたくさんあるのをご存知でしょうか。

かおるこ
かおるこです。私もお酒が大好き!特に赤ワインをよく飲みます。体にいいとも言われるし♡

日本酒は飲みすぎると翌日が辛くて…最近はほとんど飲まなくなったなあ。

日本酒は飲むだけではなく、顔に塗ったり体につけたりと様々な使い方をすることで、美白や保湿、アンチエイジングなど女性に嬉しい美容効果がたくさんあると言われています!今回は日本酒の驚きのパワーについてご紹介していきましょう。

日本酒は米と麹で作られる醸造酒

日本酒の原料は米と麹と水です。日本酒の種類は様々ありますが、精米歩合 や麹歩合、アルコールが添加されているかなどによって名称が違います。

大吟醸 吟醸酒のうち、原料が精米歩合50%以下の白米で作られたもの

純米酒 醸造アルコールを含まないで作られている。その分、純米酒にはコウジ酸が多く含まれている。

他にも大吟醸や純米吟醸などいろいろな名称がありますが、純米とつくものは米と米麹から、純米の名称がないものは米と米麹、水の他に醸造アルコールが原料として使われています。

かおるこ
日本酒の違いはそんなところにあるんだね。純米の方がちょっとコクがあって甘い感じの味わいのような気がするな。大吟醸なんかはさらっと飲みやすくてちょっと白ワインにも似た味わいだよね。

日本酒に入っている成分と効能は?

では、お米と麹で作られる日本酒にはどのような成分が含まれていて、どんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。適量を飲むのはもちろんいいのですが、スキンケアとして顔につけたり、入浴する時に入浴剤代わりに入れたりなど、色々な使い方ができるんですよ。

かおるこ
確かに、米どころはお水がきれいで美味しい日本酒もあって、女性がみんな色白美人って印象があるな♪

コウジ酸がシミ•シワ•たるみなどに良い

日本酒を作る時に、麹菌が発酵し発酵代謝物質が作られます。これがコウジ酸です。

コウジ酸は活性酸素の産生を抑えたり、炎症を防ぐ働きがあります。ですから、シミのもととなるメラニンをつくる酵素の働きを抑えてシミやシワ、たるみを防ぐと言われています。

また、お肌の老化は紫外線の影響が大きいですが、紫外線を浴びた時に作られる活性酸素を抑えてコラーゲンが減少するのを防いでくれます。つまりお肌のハリを保ちながら美白の効果もあり、アンチエイジング対策として最適なんです!

かおるこ
肝斑や日光黒子といったシミの治療の塗り薬にも含まれているんだって。日本酒を作っている人の手はきめ細かくて白いっていうもんね。

それと育毛や発毛などを促進したりもするんだって!男性にも嬉しいね

米ぬかエキスでうるおいキープ

米ぬかエキスは市販の日本酒を配合した化粧品などでもうたわれている成分です。オリザブランと呼ばれ、血管を拡げたり、肌の水分量を保って乾燥を防ぐ働きがあります。ですから血行が促進されて顔色も良くなり、肌の水分が蒸発するのを防いで、ツヤツヤの肌を保ってくれるんです。

アミノ酸はダイエットにも!

日本酒に含まれるアミノ酸にはリジン•アルギニン•アラニン•プロリンなどがあります。その量はワインの10~20倍ともいわれています。アミノ酸は旨味成分として日本酒の味を作っているだけではなく、角質層のうるおいを保つ働きがあり乾燥肌やシワやたるみなどに効果が期待できます。

また、これらのアミノ酸は脂肪を燃焼させる働きや免疫力アップ、脳や体の疲労を回復させて体力や集中力を上げる助けをしてくれるんです。

かおるこ
アミノ酸パワーはすごいね!日本酒ってお米のお酒だし甘口だから太るって印象あるけど、脂肪燃焼効果があるとは!
でも、もちろんダイエットのために日本酒だけを大量に飲むのはNGですよ!

フルーツ酸が古い角質を取り除く

フルーツ酸と呼ばれる成分には、古くなった角質を溶かす働きがあります。そのためにお肌のターンオーバーが正常になり、ツルツルすべすべのお肌になります。余分な角質がきちんと剥がれ落ちることでキメが整い、化粧品の成分などが浸透しやすくなるのも美肌効果の一つですよね。

かおるこ
フルーツ酸て名前も、スキンケアの成分で聞いたことがあるな。フルーツに多く含まれるからそう呼ばれるみたいだね。

お肌のお手入れは、水分や栄養分をお肌に補給するのはもちろん大切だけど、古くなった角質を取り除いて正常なサイクルのお肌を作ることもとても大切だもんね。じゃないと、美容成分がきちんと浸透していかないし。

フェルラ酸がアンチエイジング作用を持つ

ポリフェノールの一種であるフェルラ酸には、シミやシワ、そばかすなどたるみや色素沈着を抑える働きがあります。さらに細胞を活性化させて老化を防ぐ役目もあるのでアンチエイジング効果が期待できます。また、活性酸素を抑えて細胞を活性化させる働きは、認知症の予防や症状を和らげることにも役立ちます。

アデノシンがリラックス効果をもたらす

アデノシンは、お酒の中では日本酒にしか含まれていない成分です。これには血行促進効果があって、体が温まって筋肉がほぐれるので肩こりや冷えの解消に繋がります。またストレスが緩和されリラックス効果が得られます。

更に、これらの働きによって、がんや心臓の疾患、さまざまなアレルギー症状を抑えたり、うつ病の予防にも効果が期待できると言われています。

かおるこ
確かに日本酒を飲むと体がぽかぽかする感じがあるけど、あれは酔っ払ってるだけじゃないんだね!保温効果もあるっていうから、やはり冬は熱燗なんて本当に体を温めてくれるお酒ってことね。
日本酒は1日に1~2合が適量と言われています。毎日適量の日本酒を飲むことは、体内に蓄積された古いコレステロールが肝臓へと回収されて善玉コレステロールが増えるので、とてもいいですよ。

美肌作りに効果的な日本酒の使い方

日本酒が美肌と健康にとっても役立つことがわかっていただけたと思います。では、どんな使い方が効果的なのかについてご紹介していきましょう。どれも簡単なので、早速試してみてくださいね。

手作り日本酒化粧水

日本酒を使って自分で化粧水を作ってみましょう。簡単だし、防腐剤などが入らない天然ナチュラル化粧水ができますよ。

•殺菌したきれいな容器に日本酒と精製水を1:1または1:2の割合で入れる

•グリセリン数滴を垂らし、よく混ぜる

これだけです!添加物が入っていないので、冷蔵庫で保管して1週間ほどで使い切るようにしてください。顔だけではなくボディのケアにも使えますよ。

かおるこ
とっても簡単だよね。冬場など乾燥する時期はグリセリンを少し多めに入れてもいいかも。

好みで自分のお肌に合ったものが作れるのもいいよね。敏感肌の人は最初は少しだけ作って、腕の内側など目立たない場所でパッチテストをしてから使ってね。

日本酒でパックも

美白パックも日本酒で出来ちゃいます。

•顔パック用のシートに日本酒を適量染み込ませて顔に乗せて数分置くだけ!

お酒の匂いやツンとする刺激が気になるようであれば最初に日本酒を加熱してアルコール分を飛ばしてから使うようにしましょう。

かおるこ
これもすっごい簡単!美白って聞くとやってみたくなるなあ。シート買ってこなくちゃ♪

日本酒風呂でお肌つるつる

日本酒をお風呂に入れた日本酒風呂もおすすめです。

•お風呂にコップ2~3杯の日本酒を入れてゆっくり10分から15分ぐらい温まりましょう

ゆっくり浸かる方が発汗作用も高まり、体が温まって冷え性にもいいので、お湯はぬるめに37度から38度くらいにしましょう。お肌がつるつるになるのはもちろん、続けることで美白効果も高まります。また、肩こりや筋肉痛などがある時は、日本酒を痛いところに塗ってマッサージしてから入浴すると筋肉がほぐれます。

かおるこ
日本酒風呂なんてなんかちょっとリッチな気分。お酒が弱い人は肌が赤くなったり酔っ払っちゃうこともあるので、気をつけてね!お子さんと一緒に入る人も、お子さんがお酒が飲める年齢になるまで我慢だね。

日本酒で爪磨き

意外なところでは、日本酒で爪を磨くことでピカピカになります。飲みながらやってみるのもいいかも?!

飲んだり肌につけたり♪活用して日本酒美人になろう

日本酒の優れた美容や健康効果は驚くべきものがあります。高級な化粧品を使わなくても、手頃な値段の日本酒でナチュラルなお手入れができてしまうのは嬉しいですよね。日本人が昔から飲んでいたお酒、ぜひ飲むだけではなくスキンケアやボディケアなどにも使って色白の美肌をキープしてくださいね♪

かおるこ
いやー、ホントこんなに効果があるなんてびっくり。それに手軽に手に入るのも使いやすいし。

日本酒は何度かひどい二日酔いになって懲りていたけど、また飲もうかなって気になりました。適量飲んでお手入れにも使って、私も美白美人を目指すぞ♡

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kaoruko

kaoruko

執筆は2010年頃から行っています。
新鮮で美味しいもの、野菜や果物、蕎麦とワインが好き。日々ヨガのプラクティスをライフワークにしていて心と体の健康にも関心が高いです。ヨガはティーチングも2004年からしているので、哲学やスピリチュアルな部分の勉強やアドバイスも必要な人へしています。

また、旅が好きで、インドや東南アジア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、イタリア、スイスなど時間が取れると旅に出ています。もちろんヨガマットを担いで!

心と体は繋がっていて内面の美しさが外側を作ると思います。
身心が健やかで毎日が充実していて楽しく過ごせるために参考になるような記事を書いていきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意見が違う人にイライラするのは損!受け止め方を変えてストレスフリー

  • サプライズのプレゼントで感謝の気持ちを♡大切な人へのありがとう

  • LCC国内線には子供料金の設定なし!?賢く利用して安く旅するコツ

  • 離島の移住生活はどんな感じ?奄美のおすすめスポットも含めてご紹介♪

関連記事

  • リップメイクちゃんとできてる?目指すのはキスしたくなるモテ唇♡

  • 寝る前の飲み物で美容効果UP♡美肌をサポートする6つのドリンク

  • 甘酒の嬉しい美肌・ダイエット効果!作り方や簡単アレンジレシピも♪

  • ニキビはできる場所で原因が違う?種類別の対処法で美肌を取り戻そう

  • 肌の透明感は生活習慣とお手入れで決まる!毎日続けてツヤ肌美人に♪

  • 女性のモテる顔の特徴は?メイクや髪型でモテ顔を作る13のポイント