1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 七回忌法要は必要?不要?:法事はしないといけない?しない家の言い分

七回忌法要は必要?不要?:法事はしないといけない?しない家の言い分

 2024/02/26 ライフスタイル
この記事は約 5 分で読めます。 653 Views


法要の実施に関して疑問を抱くことは自然なことです。特に、故人を偲ぶ年忌法要は、その必要性について様々な意見があります。一般的に、葬儀に始まり、その後一回忌、三回忌、そして七回忌といった法要が行われ、場合によっては五十回忌まで続くこともあります。これらは故人への供養の意味合いを持ち、家族や親しい人々が集まる大切な機会となります。

しかし、特に三回忌の後に間隔が空く七回忌の実施に際して、その必要性に疑問を持つ人も少なくありません。法要の準備には、日程の調整や招待する人のリスト作成、会場や食事の手配など、多くの労力が必要となります。このような準備を苦痛に感じ、本来の意義を見失ってしまうこともあるでしょう。

そこで、この記事では、次の2点に焦点を当てて解説します。

七回忌法要の必要性について

法事を行わない選択が罰に当たるかどうか
これらの疑問に対して、理解しやすい形で説明します。

七回忌法要の必要性について

七回忌法要は実施すべきか、それとも不要か?

七回忌法要の必要性については、一概に「必須」とも「不要」とも言えません。

  • 法要の実施回数継続期間に固定のルールは存在せず、遺族の判断に委ねられます。
  • 近年では、法要の形式がよりシンプル化される傾向にあります。三回忌までは一般的に行われることが多いものの、七回忌は親族や主催者のみで執り行われるケースも珍しくありません
  • 一部の故人は生前に、「法要は行わなくても良い」との意向を家族に伝えていることがあり、それに従って法要を省略する選択をする家庭も増えています

実際、法要を行う際には、親族間のトラブルが発生する可能性もあります。そのため、集まること自体が負担や不快感を伴う場合、故人を心から偲び、お墓参りや仏壇への手を合わせる行為を選択する方が適していると感じる人も多いようです

七回忌法要を行わない選択について

近年、七回忌法要を行わないという選択肢を選ぶ人が増えています。時代と共に変わる冠婚葬祭の慣習に注目し、以下の点を考えてみましょう。

  • 冠婚葬祭の変化: かつての一般的な儀式から、現在では「火葬のみ」や「家族葬」など、より個人や家族の意向に合わせた形式が選ばれるようになりました。特にコロナウイルスの流行以降、家族葬を選択する人が顕著に増えています
  • 価値観の多様化: 以前は「みんながやっているから」という社会的な圧力の下で儀式を行うことが多かったですが、現代では個々人の価値観が尊重される傾向にあります。経済的、精神的な負担を感じるよりも、心から故人を偲ぶ方法を選ぶ人が増えています。
  • 経済的・時間的制約: 法要にはお金と時間がかかります。現代の生活状況を考えると、金銭的、時間的に余裕がない家庭も少なくありません。そのため、生きている家族が苦しむことなく、故人を偲ぶ方法を選ぶことも重要です。
  • 社会的見方: 昔ながらの習慣を重んじる中で、七回忌を行わないことを「いい加減な人」と見る視点も存在しますが、法要をしないことが故人への敬意を欠くことにはなりません。

実践的アドバイス:

  • 生前の意向確認: 可能であれば、故人の法要に対する希望を生前に確認しておくと、トラブルを避けることができます。
  • 遺族の意向を優先: 最終的には遺族の意向を最優先にし、外部の意見に左右されずに決定することが重要です。

七回忌法要を行わない選択について

近年、七回忌法要を行わないという選択肢を選ぶ人が増えています。時代と共に変わる冠婚葬祭の慣習に注目し、以下の点を考えてみましょう。

  • 冠婚葬祭の変化: かつての一般的な儀式から、現在では「火葬のみ」や「家族葬」など、より個人や家族の意向に合わせた形式が選ばれるようになりました。特にコロナウイルスの流行以降、家族葬を選択する人が顕著に増えています
  • 価値観の多様化: 以前は「みんながやっているから」という社会的な圧力の下で儀式を行うことが多かったですが、現代では個々人の価値観が尊重される傾向にあります。経済的、精神的な負担を感じるよりも、心から故人を偲ぶ方法を選ぶ人が増えています。
  • 経済的・時間的制約: 法要にはお金と時間がかかります。現代の生活状況を考えると、金銭的、時間的に余裕がない家庭も少なくありません。そのため、生きている家族が苦しむことなく、故人を偲ぶ方法を選ぶことも重要です。
  • 社会的見方: 昔ながらの習慣を重んじる中で、七回忌を行わないことを「いい加減な人」と見る視点も存在しますが、法要をしないことが故人への敬意を欠くことにはなりません。

実践的アドバイス:

  • 生前の意向確認: 可能であれば、故人の法要に対する希望を生前に確認しておくと、トラブルを避けることができます。
  • 遺族の意向を優先: 最終的には遺族の意向を最優先にし、外部の意見に左右されずに決定することが重要です。

まとめ

七回忌法要を含む法要の実施は義務ではなく、選択肢の一つです。最も重要なのは、故人を心から思い出し、供養する気持ちです。

  • 故人への思い: 法要を形式的な行事として捉えるのではなく、故人への感謝と供養を日常的に行うことが重要とされています。
  • 罰や常識の問題ではない: 七回忌を行わないことで罰が下るわけではなく、常識から逸脱しているわけでもありません。故人の意志や遺族の意向を尊重することが大切です。
  • 親族との絆: しかし、法要は親族や兄弟姉妹との再会の機会を提供するという側面も持ち合わせています。互いに顔を合わせ、故人を偲ぶ時間は、家族間の絆を深める貴重な瞬間にもなり得ます。

実践的提案:

  • 遺族の意向が一致する場合、七回忌法要の計画を検討することは、家族間の結びつきを強化し、故人を共に偲ぶ意義深い方法となりえます。

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ナガイ

この人が書いた記事  記事一覧

  • 中学生必見!生徒会選挙のスピーチのコツと演説の必勝例文10選

  • 「着く」と「付く」の違いは?意味と使い方のポイント

  • 「鴨」と「アヒル」と「合鴨」の違いと共通点

  • 「タトゥー」「入れ墨」「刺青」の違いは?温泉や銭湯は利用できるのか?

関連記事

  • ダイエットレシピ豆腐編!味にうるさい夫も満足の簡単おいしいレシピ

  • 急なお泊りデートの持ち物リスト10選★イマドキ便利グッズで最低限に

  • 雑談でスベらない鉄板ネタはコレ!会話の糸口に使える小ネタのまとめ

  • 副交感神経を高める方法は?リラックスをして心と体のメンテナンスを

  • 100均ネイルグッズが熱い!本気で使えるおすすめ神アイテム大集合

  • 2017春の流行色はピンク!女子力アップに効く心理的効果とは?