1. TOP
  2. 更年期のめまいの原因は?種類別の症状や今すぐできる対処法もご紹介

更年期のめまいの原因は?種類別の症状や今すぐできる対処法もご紹介

 2016/12/29 健康
この記事は約 12 分で読めます。 237 Views

女性は40代に入ると、閉経に向かって徐々に女性ホルモンのバランスが乱れてきます。それによって、様々な体や心の不調を感じるようになります。いわゆる更年期障害ですね。

症状やその表れ方や強さなどは個人差がとてもあります。のぼせやほてり、吐き気、イライラや鬱になる人も。

そして、めまいも更年期によく見られる症状の一つです。

かおるこ
こんにちは。ライターのかおるこです。私も含め私の周りもそろそろ40代…体力の衰えや女性としてのホルモンのバランスの崩れや不調を感じ始める人も多いですよね。めまいはとくに脳の影響も考えられるからちょっと怖いなあ。
今回は、更年期に起こるめまいについてご紹介します。どんなめまいが起こりやすいのか、原因と対処法や改善策などについても書いていきます。めまいの症状がある人は不安に陥らずに、まずは参考にしてみてくださいね。

どうして更年期にめまいが起こるの?

pexels-photo-27335

40代の半ばから50代半ばぐらいにかけて、女性はホルモンのバランスが崩れてきます。更年期障害は女性ホルモンの一種、エストロゲンの急激な減少によって引き起こされます。

しかし、めまいと言う症状がなぜ起きるのかは、まだはっきりとは解明されていません。ですから残念ながら決定的な治療法が確立されているわけではないのです。めまいは更年期の初期の段階で起こりやすい症状で、ほてりやのぼせ、発汗と同時期に起こります。

かおるこ
ホルモンの影響だけではなく、年齢的にも丁度、夫婦間や親子の関係、自分の親の介護や老後についてなど、考えることがたくさんある時期でもあるよね。体力も若い頃のようには維持できなくなってきて、ストレスを抱える年代というのも影響がありそう。

どんなタイプのめまいがあるのか知っておこう

めまいといっても、実はいろいろなタイプがあります。更年期にまつわるめまいは大きく分けると3つあります。

その他に三半規管や脳の影響を受けているものや、他の病気が考えられるめまいもあります。ご紹介していきましょう。

かおるこ
めまい、と一言で言ってもいろんな症状や感じ方がありますよね。立っていられないような急なめまいや繰り返し起こるめまいなどは、何か重大な病気が隠れているんじゃないか…って不安になります。

回転性のめまい

回転性のめまいというのは、立っていても横になっていても天井がぐるぐると回っているような感じがするもの。立っている時に起こると、目が回ってまっすぐに立っていられないことも。

この回転性めまいの原因として考えられるのが、耳石です。耳の中にある三半規管の中に炭酸カルシウムの粒である耳石が入り込むことで起きます。

閉経後の女性は、女性ホルモンの低下によってカルシウム不足となり、耳石がはがれやすくなるんです。そのため、回転性めまいは更年期にかかりやすいと言われています。

かおるこ
閉経後はカルシウム不足になるって聞くけど、こんなところでも影響があるんだ!
予防策としてカルシウムを積極的に摂取することや、耳石がくっついて大きくならないように首や頭をぐるぐる良く回すといったことをするといいでしょう。
かおるこ
朝起きた時や、寝る前のストレッチに取り入れるといいかも。首や肩が凝りやすい人にもオススメね。

眼前暗黒感や立ちくらみ

いわゆる立ちくらみというもので、立った時にふらっとしたりします。また、目の前がすーっと真っ暗になるような感じがあることもあります。血圧の低い人に起こりやすいと言われています。

かおるこ
これは私も経験したことある!立ち上がった瞬間などに目の前がさーっと暗くなって立っていられなくなるの。

浮動性のめまい

自分や周りがふわふわと浮いたような感じがある。症状が強いと立っていられないこともあります。

かおるこ
これも最近時々起こるなあ。でも横になるほどではないし、しばらくすると治まっているからあまり気にしていなかった!
浮動性のめまいの場合には、更年期のほかにも脳血管障害や視力障害、うつ病などの心の病気、高血圧、自律神経の乱れなどが原因の場合もあります。

ストレスをなるべく溜めないようにして、睡眠を十分にとって規則正しい生活を心がけるようにしましょう。軽い運動を習慣にするのもおすすめですよ。

かおるこ
浮動性のめまいの場合は、重大な病気が潜んでいる場合もあるのね!思い当たる症状があるなら、一度病院できちんと診てもらったほうが安心みたいね。

病院には行った方がいいの?

doctor-medical-medicine-health-42273

かおるこ
脳梗塞や脳卒中なども考えられると聞くと、ちょっと慌ててしまいます。めまいが起きた時はどうすればいいの?病院へは行った方がいいの?
更年期障害に伴うめまいなら、時間が経つにつれて症状は自然と改善されることがほとんどなので、特に治療の必要性はないと言われています。

めまいが起きたら、まずは安静にすること。歩いたり立っている時に起きたら、ゆっくりとしゃがみましょう。椅子に座ったり、横になれるようであれば横になりましょう。しばらくすると落ち着いてきます。

激しいめまいや吐き気や嘔吐を伴う場合は、病院へ行きましょう。産婦人科でも更年期の症状を診療項目にあげている病院もあります。そのようなところで診てもらうといいですね。

また、難聴や耳鳴りのあるめまいや、手足のしびれもあるめまいは要注意です。メニエール病や脳卒中や脳梗塞などの疑いもあります。

そのような場合には耳鼻科、または脳神経外科を受診しましょう。貧血が考えられる場合は内科を受診しましょう。

更年期のめまいの改善法と積極的に摂りたい栄養は

日常生活が辛いほどの更年期のめまいなどの症状であれば、病院で投薬などによる治療も行えます。

自律神経調整薬や、ホルモン補充療法、漢方薬などを用いて女性ホルモン補う療法です。このような投薬による治療は即効性があると言われています。

でも日頃の生活習慣や食生活を気をつけるだけでもずいぶんと改善されて、更年期を健やかに過ごすこともできるんですよ。

かおるこ
私は、なるべく薬には頼りたくないタイプだから、できるだけ自然なやり方で改善していきたいな。

更年期に積極的に摂りたい食材

更年期には、ホルモンバランスを整えたり、自律神経の働きを整える助けになるような食材を、積極的に摂りましょう。

•イソフラボン

大豆食品は女性は更年期に関わらず積極的に摂りたいですよね。大豆イソフラボンにはホルモンバランスを整えたり補う働きがあります。

•ビタミンE

血流をよくし、自律神経のバランスを整える働きがあります。美容効果もあり、ナッツ類やアボカド、かぼちゃなどに多く含まれています。

•ビタミンB1

豚肉や玄米などに豊富に含まれており、脳の働きを正常に保つ作用があるため、めまいの予防効果が期待できます。

•ビタミンB12

神経を正常に保つ働きがあります。めまいの治療に使われることも。豚肉やさんま、しじみ、牡蠣などに多く含まれています。

•EPA・DHA

青魚に含まれていて、血液の流れをよくする働きがあります。

かおるこ
どれも更年期やめまい以外にも、健康や美容にいいと言われているものばかりね!普段食べている身近な食材でもあるし取り入れやすいわ。

漢方で体質から改善する

即効性はありませんが、自然の生薬の力で体質から改善していく漢方もおすすめです。

更年期に良いとされる漢方は、 加味逍遥散、桂枝茯苓丸、半夏白朮天麻湯、苓桂朮甘湯、五苓散などがあります。漢方を取る扱う薬局などで相談してみましょう。病院で処方してもらうこともできます。

更年期に良いサプリなどを飲む

更年期の症状に良いとうたったサプリメントなども多く発売されています。それらを飲んで必要な成分などを補うというのもいいでしょう。

かおるこ
サプリならプラセンタやマカ、ローヤルゼリーなどがおすすめ。プラセンタはホルモンのバランスを整えてくれる効果があるし、マカは女性のホルモンの調整、ローヤルゼリーはホルモンバランスの調整に良いの。
いくつかの成分が配合されたサプリなどもあるので、試してみて合うものを探してみましょう。

こちらは、大豆イソフラボンを発酵させて作られたエクオールが配合されたサプリ。女性ホルモンと似た働きをするので女性の年齢とともに変化する体をサポートします。早い人で一週間、最低でも1ヵ月飲み続けることによって変化を感じられます。

小林製薬の栄養補助食品 エクオール 30粒 約30日分
小林製薬の栄養補助食品 エクオール 30粒 約30日分

▼小林製薬 『エクオール 30粒』命の母

1,920円(2017年1月23日現在)

養蜂家のローヤルゼリーが1粒中に800mg入っています。他にも大豆イソフラボン、コーラルカルシウムなどが含まれています。ローヤルゼリーは独自の酵素分解技術で、タンパク質を摂取しやすくなっているので嬉しいですね。身体にやさしい天然由来素材でできたサプリ。
酵素分解ローヤルゼリー キング 100粒入
酵素分解ローヤルゼリー キング 100粒入

酵素分解ローヤルゼリー キング

7,300円(2017年1月23日現在)

更年期のめまいは自然に治る。無理せずゆったり過ごしましょう

pexels-photo-103127

更年期によるめまいであれば、時間とともに徐々に治まっていきます。十分な睡眠とバランスの良い食事をとりながら、ストレスや過労を避けてなるべく心にゆとりを持って過ごしてくださいね。

ただ、めまいは他の病が隠れている場合もあるので、長引いたり繰り返すようであれば、我慢せずに一度病院で診てもらうことをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kaoruko

kaoruko

執筆は2010年頃から行っています。
新鮮で美味しいもの、野菜や果物、蕎麦とワインが好き。日々ヨガのプラクティスをライフワークにしていて心と体の健康にも関心が高いです。ヨガはティーチングも2004年からしているので、哲学やスピリチュアルな部分の勉強やアドバイスも必要な人へしています。

また、旅が好きで、インドや東南アジア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、イタリア、スイスなど時間が取れると旅に出ています。もちろんヨガマットを担いで!

心と体は繋がっていて内面の美しさが外側を作ると思います。
身心が健やかで毎日が充実していて楽しく過ごせるために参考になるような記事を書いていきます。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 意見が違う人にイライラするのは損!受け止め方を変えてストレスフリー

  • サプライズのプレゼントで感謝の気持ちを♡大切な人へのありがとう

  • LCC国内線には子供料金の設定なし!?賢く利用して安く旅するコツ

  • 離島の移住生活はどんな感じ?奄美のおすすめスポットも含めてご紹介♪

関連記事

  • 老けない人の食事と習慣はこれ!アンチエイジングの7つのメソッド

  • 砂糖断ちがもたらすダイエット効果とは?肌も綺麗になるって本当?

  • セロトニンを増やす方法!セロトニン不足で心や体に起きること

  • めまいも起こるストレートネックの辛い症状!6つの簡単改善方法も♪

  • ハグの効果は癒し以外にも!大好きな人達と自分をもっと幸せにしよう

  • 恋人が鬱になったらどう対応するのが正解?出来ることをやっていこう