1. TOP
  2. 恋愛
  3. 国際結婚のメリット・デメリット!後悔しないために知っておきたい事

国際結婚のメリット・デメリット!後悔しないために知っておきたい事

 2017/05/16 恋愛 結婚 体験
この記事は約 14 分で読めます。 447 Views
popolon
ロンドン在住7年、ハーフの4歳児を育てるpopolonです。極度の面倒くさがりなので、時短・手抜き・効率よくをモットーに生活しています。みなさんのお役に立つ情報をお届けしたいと思います♪⇒詳しいプロフはこちら

最近では国際結婚もかなり一般化していて、都内など外国人の多く住む地域では学校のクラスに1~2人ハーフの子供が居るというのも珍しくありません。国際結婚に憧れているという方も多いと思いますが、外国人との結婚生活は実際どのようなものなのでしょうか?今回は、国際結婚歴約7年の筆者が、そのメリットとデメリットを実体験を交えながら紹介したいと思います。

西村美穂
popolon先輩の旦那さんって、確か外国人なんですよね?私の友達が今付き合っている外国人彼氏との結婚を考えてるみたいなんですけど、国際結婚って実際どうなんですか?
popolon
ん~、やっぱり日本人同士の結婚よりも大変なことが多いかな。でも、国際結婚だから楽しめることもたくさんあるよ!

ここが魅力!国際結婚のメリット

まずは、国際結婚ならではのメリットを見ていきましょう。

違う文化を知ることが出来る

海外旅行が好きな人は、様々な風景を見るのが好きという以外に、他国の文化や暮らしに興味があるという場合が多いと思います。しかし、旅行では中々文化や暮らしまで見る事は出来ませんよね。国際結婚の場合は、夫以外にもその家族や友人との繋がりも出来るので、文化や暮らしにより溶け込むことが出来ます。

popolon
私も子供の頃から、「世界ふしぎ発見!」とか「世界ウルルン滞在記」とかが好きで、海外の生活に興味がありました。

外国語を習得するチャンスが増える

国際結婚の魅力の一つは、ネイティブスピーカーからマンツーマンでいつでも外国語を学べることです。英会話スクールなどでは、中々学べない生きたスラングやちょっとした言い回しも学ぶことが出来ます。

西村美穂
海外ドラマとか見てるだけでもスラングが多いから色々と学べそうだけど、なにか違いがあるんですか?
popolon
そうね。確かに海外ドラマでも学べるよね!ただ、ドラマだと見て覚えることによるインプットだけなのに比べて、実際に会話して覚える場合はアウトプットも出来るからより生きた言葉を覚えられると思うな。

会話してると、「あっ、このタイミングでこの言葉を使うのね!」っていうことがよくあるよ。あとは、夫婦だと友達よりも一緒に過ごす時間が長いし、遠慮もないから気になった時にいつでも言葉の意味を聞けるしね。

食べ物の世界が広がる

食いしん坊には堪らないメリットがこれ!食文化が豊かな日本では、色々な国の食べ物をレストランで食べたり、輸入食材店で購入することが出来ますが、その国の素朴な家庭料理は意外と食べられるチャンスが少ないですよね。普段使っている食材でも違う調理法をするなど、新しい発見もあります。

popolon
ちなみに夫がポテトチップスサンドウィッチ(食パンにバターとポテトチップスを挟んだだけ)を、家庭料理だと言って作ってくれました…。

海外移住のチャンス

海外で暮らしてみたい!と思っていても、ビザの問題などで実際に移住するのは難しいですよね。外国人と結婚した場合、条件は国によって異なりますが大抵は配偶者ビザがとれるので、夫の母国や関係の深い国に永住することが可能です。

西村美穂
ワーキングホリデーで気軽に短期間移住することは出来ても、永住となると中々難しいですもんね。

結婚後も恋人気分

日本人同士の夫婦だと、結婚後数年経つと家族愛が強くなり恋人の時のような甘い時間を過ごすことがなくなる傾向にあります。しかし外国人は情熱的な人が多いので、結婚後も二人きりで頻繁にデートをしたり、キスやボディタッチなどのスキンシップも欠かさず、いつまで経っても恋人のように過ごせます。

popolon
とにかく夫婦の時間を大切にするので、デートのために子供を預けることも普通です。子供が小さいうちから寝室を分けて、夜は夫婦水入らずで過ごすのもいつまでも恋人気分でいられる秘訣なのかもしれませんね!
西村美穂
popolon先輩のうちも、恋人みたいな感じですか!?
popolon
うちは夫婦揃って心配性だから、日本式に子供と同じ寝室で寝てるし、子供を預けてデートにも行かないのよね。そのせいか、恋人みたいな感じではないな~。日頃のスキンシップや外国人特有の甘い言葉は結構あるけどね。

子供がバイリンガルになる

もちろん親子共にある程度は努力が必要ですが、生まれた時から二つの言語に常に触れることができるので、バイリンガルになるチャンスが高くなります。

popolon
子供は母親と過ごす時間が長いので、父親の母国で暮らして、家の中での会話は日本語にするとバイリンガルになりやすいそうです。ただ、うちは私がわりと無口なのと、家族の共通言語が英語ということもあって、息子は日本語は理解できるけど話すのは英語という状態ですが…。
西村美穂
親の努力不足ですね!popolon先輩、頑張ってもっと息子さんに日本語で話しかけて下さいね!

ここがしんどい… 国際結婚のデメリット

メリットの次はデメリットを見ていきましょう。国際結婚の良いところだけでなく、デメリットもきちんと知っておくことが大切です。

価値観の違いによる衝突

やはり育った環境の違いによる価値観の違いは避けられません。日本では常識なことも、他国では通用しないということもあります。

popolon
日本人特有の「空気を読む」「よくわからない時はとりあえず笑って流す」というのを、夫に「言われなきゃわからない」「ヘラヘラして気持ち悪い」と全く理解してもらえずに、大喧嘩したことがあります。

言葉の壁

国際結婚カップルの中には、二人の共通言語が日本語という場合ももちろんありますが、その場合でも夫の両親や友達との会話は外国語が必須という場合がほとんど。夫の母国語を全く話せない場合は、夫の両親や友達と会話が出来ないので、夫の実家に行くのが憂鬱になったり、良い関係が気付けなかったりととても苦労します。

また夫が英語圏の出身の場合でも、「英語なら少し話せるから大丈夫!」と思っていたのに、実際に夫の両親と会ったら発音が聞き取れずに会話が成立しなかった…ということもよくあります。夫との共通言語が外国語の場合は、言いたいことが上手く伝えられずにストレスが溜まってしまうことも。

popolon
うちの夫は日本語が全くわからないので、言葉の壁にはすごく悩まされました。ある程度英語が話せると自負していたのですが、実際にネイティブスピーカーと全ての会話を常に英語で…というのは想像以上に大変で、自信喪失したことも何度もあります。

食事作りが大変

国際結婚後、日本で暮らしていて、夫が日本食大好きという場合は問題ありませんが、夫があまり日本食が好きではないという場合や海外で暮らしている場合は、夫の食事に合わせる率が高くなります。多くの国では日本のような食育が進んでいないために大人でも偏食だったり、新しい食べ物に対して消極的だったり、もしくは宗教上の理由で食べられないということもあります。自分も夫と同じ食事で構わないという人は良いのですが、やはり日本食が食べたいという人は自分用と夫用の食事を2パターン用意するなど、面倒が増えます。

また買い物も、輸入食材店でしか扱っていない食品もあるので、手間と費用が余分にかかります

popolon
夫の食事に合わせていたら、気付いたら太っていました…!!日本食と比べると、イギリス料理はやはり高カロリーなので油断禁物です。

公的手続きが面倒

婚姻届けを出するのにも様々な書類が必要だったり、結婚後もビザの申請など、事あるごとに面倒な公的手続きが発生します。

popolon
私の場合はビザの申請のために、過去2年間の全ての公的な手紙(光熱費の請求書や銀行の取引明細など)が必要だったり、偽装結婚ではない証明をしなくてはいけなかったり…とても面倒でした!

家族付き合い

日本人夫婦でも義実家との関係は難しいものですが、国際結婚の場合、当たり前ですが義家族も外国人です。夫は日本人と結婚するくらいなので、ある程度日本に興味があったり差別意識もありませんが、義家族はそうとも限りません。嫁が日本人だということを快く思っていない場合もあります。

また、家族関係も国によって大きく異なります。国によっては、昔の日本みたいに長男の責任が大きくその嫁の役割も大きいこともあります。夫婦だけなら、お互いに話し合うことで大きな問題にならないことでも、義家族が絡んでくるとそうもいきません。

popolon
元同僚の話なんですが、彼女の旦那さんは家族仲がとても良く、結婚後も新婚旅行に義家族が付いてきたり、毎年のホリデーも義家族と一緒。行き先も彼女に選択権はなく義家族と夫が決める。もう一人の息子の嫁(イギリス人)には頼まないのに、義家族の家の掃除などの雑用を彼女だけに頼んだりしていて、日本人だから彼女を見下しているようで可哀想でした。

里帰りが大変

国際結婚を機に相手の国へ移住した場合、里帰りが大変になります。特に子供が生まれると、中々里帰り出来ないことも。小さいうちは長時間のフライトがとにかく大変です。チケット料金も2~12歳で大人の75%程度かかるので、家族で里帰りとなるとかなりの出費になります。

また、日本の学校と比べて欠席について厳しい国もあります。国によって異なりますが、イギリスの場合は小学校から欠席が厳しいので学期中に病気などの理由以外で休ませることは出来ません。なので、里帰りも必然的に夏休みなどの飛行機代が高い時期に限られてしまいます。

popolon
息子が2歳の時に家族で里帰りしたんですが、すっごい疲れました。ロンドンから東京へは12時間弱のフライトなんですが、息子がほとんど眠らなかったので、とにかく大変で。私の周りの国際結婚ママ友は、小さい子供2人を連れて夫抜きで里帰りをしてる人もいるのですが、気力と体力が相当ないと出来ないです!

親の老後問題

少し重い話ですが、国際結婚で海外へ移住する場合は親の死に目に会えない覚悟が必要です。移住国が、日本から距離がある場合は、緊急時に連絡を受けてもすぐに駆け付けられない可能性があります。

また親が介護や看病が必要になった場合どうするかもきちんと考えておく必要があります。子供がいなければ、少しの間日本に戻るという選択も出来ますが、子供が学校へ通っている年齢だとそうもいきません。国によっては、永住権を持っていても、一定期間国を離れると永住権が取り消される場合もあります。

popolon
実際知り合いに、親の死に目に会えなかったという方が2人います。1人は、連絡を受けたけど間に合わず。もう1人は出産したばかりで子供のパスポートがなかったので、お葬式にも間に合いませんでした…

メリットになるかデメリットになるかは自分次第

メリットとデメリットを比べてみると、一つの事柄がその両方の性質を持っていることがよくわかります。つまり、自分がどう捉えるかでメリットにもデメリットにもなり得るということですよね!では、どうしたらメリットだと捉えられるのでしょうか?

好奇心を持つ

大人になると好奇心が薄れて、どうしても保守的になりがちです。そうすると、新しいことを受け入れるのが面倒に感じたり、変化を恐れたりするようになります。

国際結婚は、常に未知なること、新しいこととの出会いの連続です。それをスムーズに受け入れられるかどうかが鍵になります。好奇心旺盛であればあるほど、文化の違いなどを目の当たりにした時もメリットとして捉えることができます。

楽しんで学ぶ

楽しんで学ぶことはとても重要です。国際結婚では、語学、文化、価値観、宗教観など学ばなくてはいけないことがたくさんあります。それらを楽しく学ぶことができれば、違いが全て学びの対象となり、メリットだと感じることができます。

意見を尊重する

価値観や考え方の違いから意見が分かれた時に、「そういう考えもあるんだ」と前向きに受け入れることができれば、衝突は起きません。それを自分の価値観を押し付けて否定してしまうと、多くの違いがデメリットになってしまいます。

違うことは悪いことではありません。違うことが当たり前だということを忘れずに、自分の意見と相手の意見を両方尊重しましょう。答えは一つじゃなくてもいいんです。

自分が変わる

文化や宗教などは、相手と話し合ったところで変わる問題ではありません。変えられないことを無理に変えさせようとすれば夫婦関係に溝が出来る可能性があります。

また、変えられないことを変えようとするのは自分も辛くなるだけです。変えられないことを変えるのではなく、受け入れるように自分が変わる方が断然楽です。

見方を変える

どうしても自分の主観のみで物事を判断してしまいますが、見方は一つではありません。なにか問題が起きたら、一度客観的にその問題を別の方向から見てみましょう。冷静に見てみれば、問題(=デメリット)だと思っていたことが実はメリットだったなんて場合も。

例えば、言葉の壁。きちんと伝わらないのを逆手にとって、喧嘩して言い過ぎてしまった時に、「適当な言葉が思いつかず、間違った言葉を使ってしまった」と語学力のせいにしたり、「日本人同士でも分かり合えないこともあるんだから、外国人と分かり合えないのは当たり前」と見方を少し変えるだけで、デメリットをメリットに変えることが出来ます。

愛の力とちょっとの努力で国際結婚を楽しもう♪

国際結婚のメリット・デメリットを紹介しましたが、いかがでしたか?「海外へ移住したい」「ハーフの子供が欲しい」などの理由から国際結婚に憧れる女性もいますが、憧れだけでは乗り越えられない壁がたくさんあります。

日本人同士の結婚でも、もちろん大変なことはたくさんありますが、国際結婚だとより面倒な問題が出てくることがしばしば。しかし、大切なのは問題が起きることではなく、その問題をどう捉えるかですよね。問題を前向きに捉えて、国際結婚を楽しみましょう!

西村美穂
日本人同士の結婚でも、価値観とか育った環境の違いとかで大変なのに、国際結婚となるとやっぱりさらに大変なんですね。ちなみに、popolon先輩は、もし過去に戻って人生をやり直せるとしたら、また国際結婚しますか?
popolon
禁断の質問だね~。ぶっちゃけ…しません!!いや、もちろん夫のことは愛しているし幸せだよ!ただ私は本当に面倒くさがり屋だから、国際結婚はやっぱり色々と面倒くさい(笑)
西村美穂
……聞かなかったことにします。これからも、旦那さんと仲良く過ごすことを祈ってますね!

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

popolon

popolon

ロンドン在住7年、ハーフの4歳児を育てるpopolonです。極度の面倒くさがりなので、時短・手抜き・効率よくをモットーに生活しています。みなさんのお役に立つ情報をお届けしたいと思います♪⇒詳しいプロフはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • 二重はマッサージで作れる?一重まぶたのむくみを取って目元スッキリ

  • 年末の大掃除を簡単に終わらせるコツとは?面倒くさがり屋さん必見!

  • 年賀状や入学祝いなどに添える一言メッセージ例☆相手や状況別に紹介

  • 残業しても10分で出来る簡単ご飯レシピ15選☆忙しい時こそ家めし

関連記事

  • 人気のおもちゃで10歳女子が遊んでみた!かえちゃohシリーズ徹底検証

  • 40代独身女性が思うこと。悩みや望みとじっくり向き合ってみよう

  • つらい無気力の改善に「少しの掃除」が効果的?!無気力脱出記その2

  • 告白しないでカップル成立する!?必要なのは言葉ではなく○○だった

  • 英語で愛の言葉を囁こう♡ネイティブが使う簡単な単語や短文をご紹介

  • 離婚時の財産分与って?知っておきたい財産分与の基礎知識を簡単に!