1. TOP
  2. グルメ
  3. チェンマイおすすめオーガニックレストランはここ!必ず行きたい5店

チェンマイおすすめオーガニックレストランはここ!必ず行きたい5店

前回の記事で、うま味調味料が体に与える影響などについてご紹介しましたが、アジアは日本を含めて残念ながら、いまだうま味調味料がよく使われています。

タイの屋台などは美味しくて安くて「最高!」と思いますが、実はうま味調味料がふんだんに入っているから美味しく感じるというのもあるのです。ただ、北部のチェンマイではオーガニックレストランなどが結構あるんですよ。今回は筆者も好きなチェンマイにある、安全でおいしいレストランをご紹介します♪

タイに訪れたらぜひ立ち寄ってみてくださいね。

タイのチェンマイとは

チェンマイは、バンコクの北方約720キロにあり、タイで第2の都市です。北方のバラとも呼ばれる美しいところです。東京の皇居のようにお堀で囲まれた旧市街には、多くの寺院があり静かな山岳地帯の町です。中国、ミャンマー、ラオスに近く、モン族やタイヤイ族、ビルマ族などさまざまな民族が交流し、ランナー文化という独特の建築や仏像の様式、言語や料理、工芸などの伝統があります。

気候と食事

南国の花 ブーゲンビリア photo by kaoruko

タイの北部に位置するのでバンコクなどよりは比較的乾季(11月〜1月)などは朝晩も涼しく平均気温は25度ぐらいと過ごしやすい気候です。

タイ料理というと辛さとパクチーを思い出す人も多いと思うのですが、チェンマイを中心とした北部タイのイサーン料理は、刺激が少ない方で比較的マイルドと言えます。また、外国人観光客も多いので、ハンバーガーやフレンチフライといった西洋人向けの食事やもちろん日本食もあるので食べ物で困ることはないと言えます。

かおるこ
前回私が訪れたのは、2月の半ば。朝晩は15、16度ととってもひんやりしていてびっくりしました。現地の方は「こないだまではもうちょっと寒くて、フリース着てたよ」何て言っていました。

タイの貨幣はバーツ。1バーツはだいたいいつも約3円で計算します。100バーツは300円ぐらいと思うとちょうどいいでしょう。

チェンマイへの行き方は

チェンマイへは、バンコクまで行って国内線を使うか、もしくはマレーシアや韓国、中国などを経由して直接チェンマイに入ることもできます。

各航空会社のフライトスケジュールや料金が比較できるこちらを参考にしてくださいね。

スカイスキャナー

かおるこ
チェンマイは、 実はヨガスタジオも多いんですよ。観光客も、ヨーロピアンなどの白人も多いです。バリ島のウブドもそうですが、ヨガスタジオの多いところは不思議と、オーガニックのカフェやマクロビのお店、ローフードのお店なども多くあるんです。
bitomos編集長
ヨガをやって新鮮でナチュラルなご飯を食べるなんて最高。リフレッシュできるね。
かおるこ
ホントですね〜!日頃のストレスや気がかりなことなんか、どうでもいいかなって気になれちゃう。
チェンマイは、またスパも有名。日本で高級マッサージやエステなどをするのとは比べものにならないくらい手頃な値段で、一流のスパのお手入れができます。ぜひ、時間に余裕があればこちらも試してみてくださいね。

チェンマイのランナー文化の深掘り

チェンマイに足を踏み入れると、そのランナー文化の魅力に触れる機会が数え切れないほどあります。街の隅々に息づくこの古代から続く文化は、訪れる人々に深い印象を与えること間違いなしです。ランナー建築を見ると、その緻密な装飾や細工からは、職人たちの高い技術と伝統への尊敬が感じられます。木造の建物や寺院には、象徴的な屋根の形や細かい彫刻が特徴的で、ただひと目見ただけでも、ランナー文化の美学が強く反映されていることがわかります。

また、ランナー文化は言語料理にも大きな影響を与えています。チェンマイ訪問時には、地元の人々が話す独特の方言を耳にする機会も多く、この地域特有の言葉が今も生き続けていることがうかがえます。料理に関して言えば、ランナー文化の特徴であるハーブやスパイスの豊富な使用は、チェンマイならではの味わい深い料理を生み出しています。イサーン料理とはまた異なる、マイルドで芳醇な味わいの料理を楽しむことができるのも、この地域ならではの特色です。

このように、チェンマイのランナー文化は、ただ古い伝統を守るだけでなく、現代の生活や観光にも色濃く影響を与えています。伝統工芸ランナーアートの展示を見る機会も多く、現地の市場やギャラリーでそれらを目にすることで、チェンマイの文化にさらに触れることができます。訪れる人々が、ただの観光客としてではなく、この地域の文化と深く交流することを促す、そんな魅力がチェンマイにはあります。

チェンマイのおすすめレストラン5選

歩いているとあちこちでオーガニックの文字を見かけます photo by kaoruko

では、筆者が訪れたチェンマイのオーガニックレストランをご紹介します!チェンマイは本当にオーガニック、NO MSGなどと書いた店が多く、安い値段で食事ができるのでMSG、うま味調味料を気にする白人などがどこも多くいます。今回は、どこもお手ごろな価格で食べられる安全でおいしいお店ばかりです。(一皿おおよそ100バーツから200バーツ内)

全てのお店を食べ歩くのは難しいですが、探すのに苦労しないので、ぜひ訪れたらどこかのオーガニックレストランでも食事をしてみて、一般のお店との味の違いなども味わってみてください。

bitomos編集長
タイ料理だーいすき♡しかもオーガニックでお手ごろ価格で食べられるなんて素敵♪

Amrita Garden(アムリタガーデン)

photo by kaoruko

こちらはオーガニックレストランでは有名なお店です。日本人の女性とタイ人のご主人が経営されてるレストラン。旧市街にあるので、お店を散策しながらランチなどに立ち寄ってはいかがでしょうか?

photo by kaoruko

酵素玄米を使ったランチセットが人気です。おにぎりや、和食の小鉢などがついたものなど新鮮な野菜もたっぷり使われています。

photo by kaoruko

筆者は、蕎麦サラダを頼みました。無類の蕎麦好きなので、こんなところでも蕎麦の字を見るとつい選んでしまいます…。黒ごまたっぷりのペーストで千切りの野菜と一緒に和えてあって優しい味。とっても満足でした。

bitomos編集長
美味しそう〜。辛いものに飽きた時に食べるとホッとしそうね。そしてかおるこさんの蕎麦好きは徹底してるのね(笑)
かおるこ
はい!美味しかったです。他のものも美味しそうで気になるものばかりだったけど、やはり蕎麦にしました。

AUM restaurant(オームレストラン)

photo by kaoruko

こちらも旧市街にほど近いベジタリアンレストランです。旧市街のターペー門近くにあります。タイ人がファミリーでやっているお店。

photo by kaoruko

炒め物やタイ式のレッドカレー、グリーンカレー、キヌアのサラダや寿司ロールなどもあります。白人のお客さんが多い印象です。

photo by kaoruko

bitomos編集長
ちょっと!何この青いご飯?!
かおるこ
見るとびっくりしますよね〜。これはバタフライピー(蝶豆)というハーブの青い花の部分を使って炊いたご飯です。バタフライピーはハーブティーや、化粧品やシャンプーなどにも使われるんですよ。
bitomos編集長
へえ〜。色を見るとちょっと驚くけど、体にいいご飯てことね。

ベジ生春巻き photo by kaoruko

アボガドやビーツ、レタスなどが入った生春巻き。ポン酢っぽいタレでいただくので和風な味付けです。

空芯菜の炒め物 photo by kaoruko

中華と言うとやはり中華のうま味調味料を使うところが多いですが、こちらはNO MSGです。日本の舞茸のようなキノコと炒めていて、これには卵も入っています。

 photo by kaoruko

1階はテーブル席で、お店の小さな子供が走り回ったり泣いたりと賑やかで、タイ人スタッフのやる気のなさなどを眺めることができます。2階はこんなタイスタイルのお座敷になっていて、ゆっくりできます。ただ、2階に上がったらわざわざ頃合いを見て注文を取りに来てくれるといった気の利いたことはしてもらえないと思った方がいいかもしれません。

かおるこ
オーダーが決まったら、階段の途中まで降りて呼ぶか、自分で言いに行くのが早いです。
bitomos編集長
さすが、南国。みんなゆるいし、勤勉じゃないのね〜。
かおるこ
バンコクなんかでは、だいぶチップの習慣が浸透してきてるんですけど、でもチップをもらうために良いサービスを提供しようとか、頑張ろうという気にはならないみたいですね。まあ、このゆるさがいいところでもあるんですよね。

チェンマイの郷土料理のひとつ カオソーイ photo by kaoruko

チェンマイのローカルフードといえば、これ、カオソーイです。ココナッツ風味の甘めのカレースープで食べるラーメンのようなもの。揚げた面と中には、普通のゆでた卵麺が入っていて、2種類の麺の食感を楽しめます。薬味の玉ねぎを入れて、ライムのようなタイのマナオを絞るとさっぱりいただけます。漬物は箸休めに。

bitomos編集長
タイカレーもだーい好き。これも美味しそうね〜♪
かおるこ
ちょっと濃厚だけど美味しかったです。鶏肉などを使わないで大豆ミートが入ってます。ここは、お店も店員もやる気のない雰囲気満載ですが、価格も高くなくコスパの良いお店です。

Ramon cafe(ラモン カフェ)

photo by kaoruko

土で作られた温もりのある落ち着くカフェ。以前はDin dee (ディンディー)という名前だったのですが、今はオーナーが変わりラモンカフェになっています。やはりオーガニックの料理を味わえるので安心してくださいね。

photo by kaoruko

タイ料理というよりもちょっと日本食に近い味付けのものが多いです。

筆者がいただいたのは、キノコと野菜のカレー。ご飯は、ブラウンライスです。カレーは辛すぎないレッドカレーです。野菜スープがついていて、優しい塩味のシンプルな味付けです。

bitomos編集長
ごぼうのフライドライスも美味しそう!
かおるこ
そうなんですよ〜。迷ったけどカレーにしました。他にもスイーツも美味しそうで、お茶だけ飲みにくる人も多かったです。

cafe greendays(カフェ グリーンデイズ)

photo by kaoruko

こちらのカフェは日本人の女性がオーナーです。酵素玄米を使ったご飯や、旬のフルーツを使った酵素ジュース、スムージーなどどれも美味しいです。

大根サラダ photo by kaoruko

グリーンデイズのサラダはどれもてんこ盛りの量です。好みのドレッシングをかけていただきます。

アボガドとチーズのサラダ photo by kaoruko

bitomos編集長
すごい量だね〜。でも野菜だから食べられちゃうね。
かおるこ
ですねー。野菜でお腹いっぱいになるって幸せです。このアボガドのサラダにはチーズ、乳製品が使われています。

酵素玄米のおにぎりとお味噌汁 photo by kaoruko

よく朝ごはんに食べていた、酵素玄米を使ったおにぎりとお味噌汁。ポメロの酵素ジュースです。酵素ジュースは、ストロベリーや梅などその時々の旬のフルーツで数種類から選べます。

bitomos編集長
日本食だねー。しかも酵素玄米で食べられるなんて、日本より和な感じね。
かおるこ
私はお味噌汁も好きだから、すっごい体に沁みました。おにぎりの中身も梅とおかかですっかり日本の朝ごはんて感じですよ〜。
ポメロはグレープフルーツのような柑橘類ですが酸味が少ない果物です。

 

いつもご飯をおねだりにくる猫 photo by kaoruko

bitomos編集長
可愛い猫ね。
かおるこ
はい。お店によっては犬がいたり、猫がいたりと開放的な雰囲気です。この子は、よくご飯をおねだりに来てて。ねだるときはちゃんと足を揃えて、尻尾をくるっと前に巻いた気を付け、みたいな座り方をして、食べてる人をじっと見上げるんです。

Vegan Heaven(ビーガン ヘブン)

photo by kaoruko

宿に近くて新しくできたレストラン。よく行きました。白人の女性がオーナーのようです。

photo by kaoruko

うま味調味料、化学物質、保存料は使ってありませんとあります。

photo by kaoruko

食べたい人はチキンや乳製品なども選べる感じなので、多くの西洋人でいつも賑わっていました。

photo by kaoruko

これはなんだと思いますか?お肉…ではなくてマッシュルームのソテーなんです。とっても美味しかったです。ソースはピーナッツの甘くないソース。

かおるこ
ビールと最高に合うんですよ〜。

パッシーユ photo by kaoruko

これは、炒めた麺です。タイ料理では様々な種類のお米の麺を使った料理があります。そうめんのような細さのビーフン、センミー、冷麦ぐらいの太さのセンレック、きしめんが伸びきったようなワイドな麺、センヤイ。これは、センヤイを炒めたもの。ベジタリアンなので、野菜と大豆肉が入っています。

パッシーユのパットは”炒める”、シーユは”醤油”の意味です。辛くない、焼うどんのような優しい味です。

かおるこ
この醤油味の炒めた麺はとても日本人に馴染みのある味です。多くのレストランや屋台は色々な種類の麺を用意しているので、変えて作ってもらうことも大丈夫です。私はスープの麺の時はセンレックが好きで、炒める時はセンヤイが好きでした。
bitomos編集長
タイ料理っていうと、辛いものばっかり食べてたけど、こんな感じのも美味しそうね。

各レストランの選ばれた理由や特色の詳細補足

チェンマイを訪れる際、どのレストランで食事をするか選ぶのは、旅のハイライトの一つですよね。今回ご紹介したレストランたちは、それぞれが独特の理由で選ばれました。例えば、アムリタガーデンは、その酵素玄米ランチセットで知られ、健康志向の方に特におすすめです。新鮮な野菜と共に提供される酵素玄米は、体に優しいだけでなく、味も絶品。地元の食材をふんだんに使った料理は、チェンマイならではの味わいを楽しむことができます。

一方、オームレストランは、そのベジタリアン料理の豊富さで選ばれました。こちらのレストランでは、タイ料理のベジタリアンバージョンをはじめ、キヌアのサラダ寿司ロールなど、多国籍の料理を楽しむことができます。白人観光客に特に人気があり、地球に優しい食事を求める人々の集いの場となっています。

Ramon cafeでは、そのアットホームな雰囲気とオーガニック料理で選ばれました。ここでは、タイ料理にとどまらず、日本食に近い味付けの料理も楽しめ、キノコと野菜のカレーは辛すぎず、どなたでも楽しめる一品です。特に、ブラウンライスを使った料理は、健康を意識する方々に喜ばれています。

カフェ グリーンデイズは、日本人オーナーが運営するカフェで、酵素玄米や酵素ジュースを楽しむことができます。このカフェは、日本人観光客にはもちろん、健康志向の地元の人々にも人気があります。酵素玄米を使ったおにぎりや、旬のフルーツを使ったスムージーは、体に優しく、心も満たしてくれるでしょう。

最後に、ビーガン ヘブンは、その名の通りビーガン料理に特化したレストランです。化学物質や保存料を一切使わず、美味しいビーガン料理を提供しています。こちらのレストランは、健康だけでなく、動物福祉や環境保護にも配慮したライフスタイルを送る人々にとって、まさに天国のような場所です。

これらのレストランは、チェンマイの豊かな食文化健康への意識が融合した、訪れる価値のあるスポットです。あなたの好みや興味に合わせて、ぜひ訪れてみてくださいね。

ピースフルなチェンマイで体に優しい料理を

プリメリア  photo by kaoruko

チェンマイには本当に安心して食べられるリーズナブルなレストランがたくさんあります。屋台などの料理もその土地に行って味わうのは楽しくていいのですが、時々体に優しい食事を思い立った時にすぐに食べられるのはいいですよね。

バンコクでは、オーガニックのベジタリアンレストランなどは一皿が250バーツぐらいのところが多かったりします。チェンマイはのんびりした雰囲気で食事もヘルシーなものが安く食べられるのでとてもおすすめです。ぜひチェンマイに行かれたら、ベジタリアンレストランやオーガニックレストランに行ってみてください♪

bitomos編集長
タイ料理大好きだし、安心の食材や調味料使ってるって言われるとすっごく興味あるわ。今度の旅行はチェンマイにしようかな。
かおるこ
ぜひ!小さい子供連れでも辛くないものもたくさんあるし安心して食べられるのはいいですよね。お店によっては、ベジタリアンメニューと肉類や動物性のものを使ったメニューと両方あるところもあるので色々な人と楽しめると思います。私もまた、行きたくなりました。笑

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kaoruko

執筆は2010年頃から行っています。
新鮮で美味しいもの、野菜や果物、蕎麦とワインが好き。日々ヨガのプラクティスをライフワークにしていて心と体の健康にも関心が高いです。
心と体は繋がっていて内面の美しさが外側を作ると思います。
身心が健やかで毎日が充実していて楽しく過ごせるために参考になるような記事を書いていきます。⇒詳しいプロフはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅雨は食事が大切!栄養のあるものをしっかり食べて体調不良を撃退!

  • 誠実な男性の特徴は?結婚向きな相手を見分けて幸せを手にいれよう♪

  • 人間の価値とは?お金や地位だけでは計れない本当の幸せの見つけ方

  • 電話でのクレームへのお詫びの仕方は?上手な謝り方と対応を知ろう

関連記事

  • 夏場のお弁当に曲げわっぱ弁当箱★センスある詰め方20選をお手本に

  • おじいちゃんが亡くなった…。残った後悔と「死」を見つめて学んだ事

  • 断捨離で運気UP♪効果的なやり方と意外なメリットもご紹介☆

  • 2017年東京駅限定スイーツ★駅構内で買える定番~人気のおみやげ

  • フラペチーノ大好き♡人気レシピを参考に自宅でスタバ気分を味わおう!

  • 常備菜レシピを簡単アレンジして夏のキッチン滞在時間を短縮しよう!