1. TOP
  2. ママ
  3. ウクレレとフラダンスでトキメキが再燃!夢を叶えた40代主婦の物語

ウクレレとフラダンスでトキメキが再燃!夢を叶えた40代主婦の物語

 2018/05/25 ママ ライフスタイル 趣味
この記事は約 25 分で読めます。 362 Views
shuri蔵
アトピー持ち、鬱経験ありの一児の母です。 18歳の時に脱ステロイドに挑戦しました。気を抜くと湿疹や蕁麻疹に悩まされますが、どこがアトピー?と驚かれるぐらいに回復しています。肌トラブルや鬱の経験なども生かした記事を書いて行こうと思います。 どうぞよろしくお願いします。⇒詳しくはこちら

ウクレレの音色を聴いたことはありますか?ハワイアンな気分を一緒に楽しんでみませんか?

皆様アロハ!今日はハワイの「こんにちは!」のご挨拶で始めさせていただきます。bitomosライターshuri蔵です。

今回はハワイアンシンガーでもあり、フラダンサーでもあるウクレレ奏者の「sayo」さんにインタビューさせていただきました。今年の春、彼女は一度は遠のいてしまった夢を自らの力で叶えました。

再び大好きな歌とダンスでステージに上がり、ワンマンライヴとCDデビューという夢を見事に実現させたのです。

彼女は40代の子育て真っ盛り中の主婦でもあります。子育てや仕事の合間に少しづつでも自分の世界を構築して行き、そしてついに自分が輝く世界を開きました。今日はその物語をお伝えしたいと思います。

現在、仕事と育児に時間を取られてしまい「自分のやりたいことを我慢している」方がいらっしゃいましたら、是非読んでくださいね。

sayoさんの優しく美しい歌声が、貴方の世界をそっと応援してくれますように。

shuri蔵
sayoさん、アロハ〜!本日はよろしくお願いします!ウクレレ〜♪
sayo
アロハ〜!よろしくお願いします。

 

きっかけは「フラダンス」から始まった

photo by sayo

まずはsayoさんの素敵なウクレレ動画をどうぞ♪

sayoさんがウクレレを奏でながら歌い始めるきっかけとなったのは、ご近所のフラダンス教室でした。いきなりウクレレの練習から入ったわけではないんです。

幼い子供の育児に追われながらも、心のなかにあった想いに再び火がつくまでにワンアクションありました。それがフラダンスとの出会いだそうです。

shuri蔵
いきなりフラダンスっていうのも大きなアクションに思えますが、なんでフラだったんですか?
sayo
フラダンス教室は友達が紹介してくれたんです。で、ピン!ときたんですよ。
shuri蔵
そのピン!という感覚で始めちゃうのが凄いですよね。
sayo
昔、ダンスユニットで歌って踊っていた経験もあったので。フラダンス楽しそうだなって思って始めました。
shuri蔵
で、フラダンスにハマって踊り出したんですね?
sayo
そうなの。またステージで踊れたのが本当に嬉しかったんです。

ウクレレとの出会いで夢が再燃

photo by sayo

お友達の紹介でフラダンスを始め、ステージで踊る楽しみを見つけたsayoさん。そこでまた新しい出会いが生まれます。

それはあるハワイアンバンドをバックにフラダンスを踊った時のことでした。小さくも綺麗な音色を響かせたウクレレに、また面白そう!と心のアンテナが反応したそうです。

実は若い頃に一度ギターを手にしましたが、お約束のコードの難関「f」で挫折した経験があるとか(お気持ちよく分かります・笑)。ですがウクレレは小さくてなんだか簡単そうに思えたそうで、「これなら自分にもできるんじゃないか!」とわくわくが大爆発!

早速3,000円のウクレレを購入したそうです。

shuri蔵
いっつも思うけど、楽しそう!ってアンテナが立つと全く躊躇わないよね(タメ口)
sayo
だって面白そうじゃん!(ため口)
shuri蔵
最初はどんな風に練習を始めたんですか?
sayo
隙間時間とかに少しづつ。ウクレレの練習CDとかに合わせて先ずは好きな曲から始めました。1日30分ぐらいからだったかな。でも楽しくて!

仲間に披露したことで次のご縁がつながる

photo by KIYOAKI

練習を重ね覚えた曲を、さっそくフラダンスの仲間に披露したsayoさん。そこでまた新しいご縁が繋がります。なんといきなりバックバンドを紹介してもらえたんです。

それで、ずっと心に抱えていた「また若い時と同じようにステージで歌いたい」という想いが、彼女の行動力に火をつけます。子育ての忙しい中でも「歌を歌い続けていきたい」という想いを温めてきたsayoさん。これはチャンスだ!とハワイアンレストランで歌い始めます。

shuri蔵
これ、聞いてもいいですかね?当時の持ち曲って何曲ありました?
sayo
2曲です(笑)カイマナヒラとパーリーシェル。
shuri蔵
2曲でもいいから、まずはウクレレ弾きながら歌いたい!と。何がなんでも歌いたい!と。
sayo
そうなんです(笑)だってチャンスでしたし、本当に嬉しかったんですよ!

動画配信で自らの世界を再構築!

初ステージでここまで来た!また演れた!という喜びに包まれたsayoさん。ハワイアンレストランでは、お客さんにいかに心地よく雰囲気を味わっていただけるか、そのレストランにあったBGMが提供できるかという想いを込めて歌っていたそうです。

筆者もsayoさんがウクレレで歌っていたお店に行ったことがあります。小さなステージがあるハワイアンなお店なのですが、後からそのお店でたまに歌っていたことを聞きました。

shuri蔵
惜しい〜!あのお店で歌うsayoさんを見たかった!
sayo
あの頃はまだあまり周りの人にステージに立っていることを知らせてなかったの。まだ恥ずかしくて(笑)
shuri蔵
私、頻繁にいくお店だったんですよ。でもタイミング合わなかったのが残念です。まぁいきなりsayoさん出てきたら、客席でいじり倒す自信がありますけどもね。
sayo
…バレなくてよかったわぁ。shuri蔵のいじりは本気で怖い(笑)

活動を続けるなかで、また次のアクションを起こします。それはウクレレの演奏動画をyoutubeにアップしたり、動画配信サイトで配信を開始することでした。

40代に入って動画配信サイトで配信するのは、なかなか勇気がいることです(実は筆者にも経験があります・笑)。それでもウクレレを片手に配信サイトで歌い続けたsayoさん。その素敵な歌声と笑顔に惹かれたファンがどんどんと増えて行きました。

ついでに見事な天然ボケキャラであるが故に、突っ込みどころ満載の配信も人気です。人はどこか抜けているほうが愛されるという見本のような人です・笑

shuri蔵
この頃でしたっけ?おおよそ50,000円のウクレレ様を手に入れて大喜びしてたの?
sayo
はい〜!ついに買っちゃいました。やっぱり音色が違う。いい響きなんですよ〜!
shuri蔵
そういえば、そのウクレレを壊しちゃった事件も発生しましたねぇ。
sayo
うわぁ!ありました。無事修理できましたけど。ウクレレって本当に小さいので、うっかりどこに置いたかわからなくなるぐらいなので。
shuri蔵
天然ボケキャラもそこまで行くとお見事と言うしかないわ!

ウクレレを通してみんなに楽しんでもらえる喜び

こうした積極的な活動の中で、どんどんと仲間の輪が広がっていきます。sayoさん自体にも心の変化があったそうです。

若い頃は自分たちのパフォーマンスを見て欲しい!という想いが先にたっていたけれど、いまはウクレレを通してみんなで一緒に楽しみたい。ぜひウクレレの楽しさを多くの人に知ってもらい、一緒にウクレレを弾きながら歌って踊りたいと。

「みんなで楽しいことをやって、みんなでハッピーになりたい。」その一心で、視聴者の方々に楽しんでもらえる時間を大切に積み重ねていきました。

shuri蔵
sayoさんの影響でハワイアンソングにはまったり、ウクレレに興味を持って始めた方々も多いんですよね?
sayo
そうなんですよ。同じくウクレレを弾く方もいたし、自分もやりたいといってくださる方も増えてきて、それが本当に嬉しいんです。

遂に夢が叶った「みんなアロハ〜!」が架け橋に

photo by KIYOAKI

sayoさんの楽しい動画配信で広がった仲間の輪で、遂に、遂に彼女の夢に届きました。初のワンマンライブ。そしてCDリリース。

ステージで歌いたい、踊りたいという気持ちを最初に叶えたフラダンスのステージ。そこで出会った運命のウクレレ。ウクレレを始めたことで繋がったハワイアンレストランのステージ。動画配信を始めたことで得た仲間。応援してくれるファンの方々。

一歩一歩積み重ねてきた、彼女の地道な努力の結果が引き寄せたものです。

持病があっても楽しむことで乗り越えられる

photo by KIYOAKI

実はsayoさんはリュウマチと日々向き合いながら暮らしています。出産後、身体のバランスを崩しリュウマチを発症し、治療を始めたことで少しづつ症状は改善しはじめたそうです。そこで改めて「行動できる喜び」を覚えたそう。

sayo
発症した頃は、子供の世話もできないほどで本当に不安でいっぱいでした。
shuri蔵
それはあまりにもしんどかったですよね。少しでも緩和していってよかった!

症状が酷かった時期は治療と育児に必死だったので「自分のやりたいこと」などに意識を向ける余裕はなかったそうです。でも少しづつ活動できるようになってきたことで、自分の気持ちと改めて向き合うことができるように。

これから症状がどう変わるかわからないけれども「体が動けるうちにやりたいことをやろう!」という行動力を生み出しているそうです。

また、リュウマチは完治が難しい病気ですが、sayoさんは自分の好きなことを思い切りやることで、病気や治療に対する不安が少し和らぎ、気持ちが楽になるそう。フラダンスも激しい動きではないので、体のリハビリにもなっているそうです。

治療のために強めの薬を服用することで免疫力が落ちるので、風邪をひかないなどの配慮も必要。うっかりすると肺炎も起こすこともあるそうですが、自分に起こったことだから、しっかりと受け入れていくしかないと心に決めています。

shuri蔵
落ち込んでいるより行動しよう!と思ったわけですね。
sayo
そうなの。不安で迷っている時間がもったいなって思って。動ける時に動いてしまおう!って行動に移しました。もちろん不安はあるけれどもね。
shuri蔵
確かにそうですよね。その芯の強さは見習いたいですよ。
sayo
それに好きなことを楽しむことで、気持ちも体も活性化しているように思うんですよ!
shuri蔵
ウクレレやフラダンス、歌うこと踊ることで持病を乗り越える活力を得ているわけですね!
sayo
ハワイアンソングやウクレレの音色に、心も体も癒されますしね♪

ママも自分の「趣味や夢」を持とう!

子育ては大変ですし自分の時間はとりにくいものですが、sayoさんのお話を伺っていると、ママでも趣味や夢を持つことはとても素敵なことだと思いました。

時間のやりくりは確かに難しいですが、先ほどsayoさんがおっしゃっていたように「1日30分程度でもいいから自分の好きなことに没頭する時間がある」のは嬉しいことですよね。

shuri蔵
趣味を持つことで子育て中のストレスが少し緩和するかもしれませんね。
sayo
そうですね「疲れたな」と1日を終わるんじゃなくて、自分の趣味の時間を最後に持つことで、生活感がガラッと変わってきて「何かに挑戦したい!」という気持ちも増えてくると思うんですよ。
shuri蔵
ぶっちゃけ「リア充おつ!」って言われません?
sayo
shuri蔵さんに、そう言われると逆にほっとします(笑)私、自分の好きなことばかりやっているようにも見られるから。
shuri蔵
表に出ている部分が派手に見えるからね。でも育児もしながらですもんね。見事だと思いますよ。
sayo
はい。確かに前に比べるとライヴなどの活動が活発になったから余計にそう見えますよね。でもね、ママさんでも自分の世界を持つことに引け目をもってほしくないですね。
shuri蔵
育児が大変な中でも、楽しいことを見つけたらまずは挑戦してもらいたいと。
sayo
そうですね。まずはやってみて、違うと思ったら他のことに切り替えてみたりして、自分の生活スタイルの中にあう趣味などを見つけて、挑戦していってほしいと思います。

子育てと自分の趣味のバランス

こうして思い切りご自分の好きな活動をされているsayoさんですが、もちろん最初は様々な葛藤があったそうです。

子供とのコミュニケーションの時間をとても大切にされていますが、やはり活動が増えるにつれ、子供と過ごす時間が短縮されてしまうことや「親なのにこれでいいのかな?」と不安を覚えることもあるそう。ですが、自分の活動を行っていくうちに、お子さんとのコミュニケーションの在り方も変わってきたそうです。

子育てしながらも自分の趣味を持つにはどんなバランス感覚が必要なのかを伺ってみました。

shuri蔵
最初はママ友さんにも、ライヴ活動のことはあまり話されてませんでしたよね?
sayo
うん。やっぱり周りの目を気にして隠していました。子供に負担がかからないかなと不安になったりもしましたし。 でも今は「自分は誇りをもって歌っている!」って思えるから、それを子供にちゃんと見せて行こうと思えるようになりましたよ。
shuri蔵
なるほど!sayoさんの活動の場が広がることによって、コミュニケーションの幅が広がって育児の話や相談をできる機会も広がりそうですしね。
sayo
そうなんですよ!いろんな年代の人たちとの関わりが増えることで、育児の相談もしやすくなったし、子育て経験が豊富な先輩方のお話が聞けるので、そこで沢山勉強させてもらってますよ!
shuri蔵
育児に重きをおくというか、時間をかけなくちゃいけないという意識が向きそうですが、逆に自分の趣味を活性化させることで、相談相手も増えていくんですね。
sayo
様々な子供とのコミュニケーションとの取り方も知ることができて。育児の悩みとか相談できる相手できる場所があるって、とても心強いですよ。

子供のことばかり考えて煮詰まるよりは、こうして輪を広げて相談相手を増やすことが、子育てと趣味を両立させるいいバランスを作り出しているのかもしれませんね。

今回はsayoさんのウクレレで夢を叶えたお話を中心にお聞きしていますが、次回はこの話題について詳しく伺います!

自分の趣味を家族に応援してもらう方法は?

挑戦してみたいことや好きなことはあるけれども、家族には賛成してもらえないという場合もあるでしょう。(筆者もそういう立場なのですが・笑)sayoさんはどうやってご家族に自分の活動を応援してもらえているのかを伺いました。

shuri蔵
ウクレレやフラダンスの練習をしたり、ライヴ活動にかける時間などを作るのに、ご家族にどうやって相談されています?
sayo
最初は娘がお稽古に行っている間にちょっとだけやっていましたが、ライブやリハーサルなどで休日に家を空ける時間も増えているので、今はとにかく家族に協力を頼んでいます。
shuri蔵
頼んでも自分の趣味の時間を得られない場合はどうしたら…?私、今リアルに困っているので(涙)
sayo
あ、落ち込まないでください。そこはもう開き直る覚悟が必要ですよ。家事も育児も仕事もしている中で、自分の時間をとることに引け目を感じる必要はないと思います。
shuri蔵
最初と今ではご家族の反応も変わりました?
sayo
はい。私も最初は遠慮がちにやっていたんです。それでも続けていくうちに、娘が面白がってくれるようになってきたので、家族も少しづつ協力してくれるようになりました。「協力してほしい!」ってお願いしてみるべきだと思います。
shuri蔵
なるほど。自分の趣味を子供も楽しみはじめてくれるまで粘れ!と。確かにうちも娘は私の趣味を面白がってくれているなぁ。
sayo
最初はダメもとでいいと思います。でも諦めないでご自分の気持ちをちゃんとご家族に伝えて、一緒に楽しめるようになれたら皆ハッピーですよ!
shuri蔵
そっか。きっと自分が楽しい気持ちでいられることで、家族のことも応援できるようになりますね。

子供を預けられないときは

習い事をしたくても、小さなお子さんがいらっしゃる方で休日などにご家族に預けられなく、諦めてしまう方も多いと思います。sayoさんも始めはそうでした。その問題をどうクリアしていったのかを伺いました。

sayo
探してみると子連れOKのお稽古って意外と多いんですよ。まずはそういうところにお子さんと一緒に行ってみてください!
shuri蔵
行ってみないと場の雰囲気もわからないですしね。どこまでOKなのかが気になるところですしねぇ。
sayo
フラダンスの教室も子連れOKだったので、娘を連れていっていました。そこで子供同士が仲良くなったりもしましたよ。
shuri蔵
なるほどね!そういう楽しい繋がりもできるかもしれないですね。
sayo
はい。だから行ってみて雰囲気とか合わなかったら次のを探す!ぐらいのフットワークの軽さでいいと思うんです。そこで諦めてしまうのは勿体無いです。いろんな教室があるので、ご自分とお子さんに合うところを探してみてほしいです。
shuri蔵
「ここだ!」と思ったらチャレンジしちゃえってことですね。

ウクレレは最高にオススメです♪

ここで改めてsayoさんにウクレレやフラダンスなどの魅力を教えて頂きましょう。最近流行し始めているウクレレ、気になっている方も多いのではないでしょうか?

shuri蔵
ズバリお聞きします!ウクレレの魅力は?
sayo
コードが簡単!
shuri蔵
失礼な言い方かもしれないけれど、ギターやベースと比べると、簡単そうに弾いているように見えます(笑)
sayo
いや、その通りで。ウクレレは小さいから女性の手でも弾きやすいです。適当に慣らしているだけでも綺麗な音色がなりますし和むんですよ。趣味が見つからない〜という方は、ぜひチャレンジしてほしいです。
shuri蔵
確かに綺麗な音色ですよね。でも集合住宅の場合だと音の大きさが気になるんですが、その辺はどうですか?
sayo
いや、ウクレレの音ってそこまで大きく出ないです。小さく鳴らすこともできますしね。それに3、4つぐらいのコードだけで一曲弾けちゃったりします。
shuri蔵
あ、カイマナヒラも4つのコードで弾けますね。
sayo
でしょ?気軽に弾けるので、是非!フラダンスもそんなに激しい動きではないので、ハワイアンソングにあわせて踊ると本当に気持ちがいいですよ〜!皆さんで一緒に弾いて歌って踊りたいです〜!

みんなで一緒に楽しみましょう!

今回はご自身の夢を叶えたsayoさんのお話をいろいろと伺ってきました。いかがでしたか?

sayoさんはこれから、ハワイアンレストランでのライヴなどを活発化させつつ、様々なアイディアを盛り込んだライヴなどの企画も考えているそうです。ウクレレで弾ける曲のレパートリーを増やすことも、ご自身で楽曲を作るという挑戦も考えているそう。

ウクレレやフラダンスとの出会いが、どんどんとsayoさんの夢を広げていっています。

sayo
ウクレレ教室も開いてみたいんです!皆でウクレレを楽しめる場所を作って行きたいんです〜!

慌ただしい育児や家事、仕事に追われる中で自分の趣味を持つことに躊躇ってしまうことも多いでしょう。家族に遠慮してしまい諦めてしまう方も多いと思います。ですがこうして夢を持って行動するということは、自分自身だけでなく、家族もハッピーにしてくれることにつながるのではないかと思いました。

sayo
気持ちが若返りますしね〜!アンチエイジング効果もありますよ!

心の奥底に密かな夢を抱えている方、趣味などの楽しみを見つけたい方、是非sayoさんのように心に素直にチャレンジしてみてくださいね。

shuri蔵
sayoさん、今日は楽しいお話をありがとうございました!
sayo
こちらこそ!皆さんがご自身の夢に一歩踏み出すきっかけになれたら嬉しいです!みんなで一緒に楽しみましょう!マハロ〜!(ありがとう〜!)

取材協力:ハワイアンシンガー&フラダンサーsayoさん

LIVE情報:2018年6月3日(日)伊勢佐木町 クロスストリート

18時〜21時30分 ドリンクなし2000円

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

shuri蔵

shuri蔵

アトピー持ち、鬱経験ありの一児の母です。

18歳の時に脱ステロイドに挑戦しました。気を抜くと湿疹や蕁麻疹に悩まされますが、どこがアトピー?と驚かれるぐらいに回復しています。肌トラブルや鬱の経験なども生かした記事を書いて行こうと思います。

どうぞよろしくお願いします。⇒詳しくはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • 親子の関係が「同志」になる?共依存せずに築くコミュニケーション!

  • ウクレレとフラダンスでトキメキが再燃!夢を叶えた40代主婦の物語

  • 手帳學という新たな手帳の使い方で、あなたが輝く人生が見えてくる

  • ヘアドネーションはこれからのスタンダートに?方法や長さを徹底説明

関連記事

  • 海外と日本の子育ての違いとは?母親に厳しすぎる日本の子育て環境

  • おうちデートで二人で考えるデートプラン♡冬に最適なスポット7選

  • 断捨離で運気UP♪効果的なやり方と意外なメリットもご紹介☆

  • 2018ホンダの新CMはワンオク★彼らの魅力をアコースティックな名曲5選で

  • この質問すれば嘘が見破れる!相手の本音がわかる会話のテクニック

  • ついやってない?マナー違反の例を反面教師に品格ある女性に♪一般編