1. TOP
  2. 愛されたい願望が強い原因は愛を知らないから?愛を求めて何が悪い!

愛されたい願望が強い原因は愛を知らないから?愛を求めて何が悪い!

 2017/05/25 恋愛
この記事は約 19 分で読めます。 661 Views
chihiro
ライターのchihiroです♪過酷な人生経験をし、人にはよく強い人と言われますが、本当は自分も守って貰える側が良い!と密かに女心抱く一面も。私の経験が誰かの役に立つような実体験記事をベースに投稿しています♪⇒詳しくはこちら

「愛されたい」これは誰でも意識・無意識に関係なく抱く願望でしょう。恋人、家族、友達、職場の人間。普段から欠かすことの出来ない人間関係だからこそ、人はその中での調和を求め、出来る事なら相思相愛にて日々の生活を充実させたいという考えに至るのが自然とも言えます。

しかしながら「自分はこんなに愛しているのに、なぜあなたは私を愛してくれないのか…」というような不満が出て来ることも否めません。この「愛されたい」というキーワードについて、筆者は長年悩みながら追及してきました。今回は愛されたい願望が強い原因と、愛とは何か、愛される為にすべきことを考察していきます。

chihiro
bitomosライターのchihiroです♪私自身、幼い頃から親や家族から「お前は一番要らない人間だ」と言われてきたトラウマで、長年「愛されるため」に努力してきました。間違った愛も経験し、30歳手前にてやっとこの願望から解放されつつあります。そんな経験を踏まえて「愛」について書いて行こうと思います。
bitomos編集長
bitomos編集長の堀越です♪ちょっとchhiroさん!スタートからさらっとすごい事をカミングアウトしたね!?今までそんな事微塵も感じなかったわよ!
bitomos担当部長
bitomos担当部長のナガイです。おいおい!大丈夫なんか?ちょい待ち!とりあえず深そうな内容なんで、泣いてまうかも…。みんなの分のハンカチも取ってくるで!
chihiro
二人とも落ち着いて下さい!私今もう病んでないですから!

愛されたい…それはどんな心境なの?

愛されたいという気持ちには、人それぞれ度合いが違いますし、相手によっても求める愛は違うかもしれません。まずは同じような心境の人のツイートを集めてみました!

bitomos編集長
これは誰でも感じる事だよね~。愛してもいない人に愛されたいとは思わないし…。

bitomos担当部長
病的に愛すかぁ~。それこそ若い時にはあったかもしれんな~。女子は特にそうなんちゃう?
bitomos編集長
学生時代ってそんな感じ!私も友達も四六時中、恋の病だったわ!(笑)

chihiro
めちゃくちゃわかります!その人がってわけじゃなく、誰かに愛されていないと1人になってしまいそうで…。不安な時期が多々ありました。

chihiro
私に向けてのツイートかと思ってギクッとしちゃった!自分では「愛される価値なんてない」と思いつつ、誰かがそれを覆して「それでも愛している」って言ってくれたらすべての価値観がひっくり返るかもしれない…と夢見てたな~

もっと載せたいツイートが盛りだくさんなんですが…。人それぞれ心の中の欲望と矛盾に葛藤しているのかな~?と個人的に感じました。筆者も長年、欲望と矛盾に「もうやだ…」と投げ出したい気持ちで過ごしましたね。その心境を詳しく解説していきます!

ありのままの自分を受け止めて!

何も取り繕わない、ありのままの自分をさらけ出すの事は意外にも勇気が要ることです。少なからず人間は自分の弱みや、短所を隠したいと考えます。なぜなら、人に好かれたい・よく思われたいから。世間ではそれを「猫をかぶっている」「ブリっこ」「裏表がある人」などあたかもヒドイ人間かのように言う人もいます。

もちろん悪意があってそのような行動をする人もいるでしょうが、無意識に自分を守ろうとしている行動とも言えるのではないでしょうか?

そんな弱みや短所も全部含めたありのままの自分を受け止めてくれる人を誰しもが求めます。ありのままの自分を愛してくれる人を。それがある種の自分の価値の証明であると考えている方は少なくありません。

bitomos編集長
自分と言う人間を認めて欲しいってことだよね。存在価値を見出したいってこともであるか。

必要とされたい!

ただ愛される事を求めているわけではないと筆者は考えます。自分の事を必要とされることを望んでいるはずです必要とされることで、自分が居続けることに理由をつけることが出来る。筆者の書き方は少し酷のような気もしますが、自分という人間を保つには時に理由が必要だと感じることがあるのです

必要とされることで自分と言う人間の需要がある(モノみたいな表現で申し訳ないですが)事を確認出来るのです。逆に言うと、必要ではない人はあっさりいつか切り捨てられてしまう…という恐怖も襲ってくるかもしれませんね。必要であることが安心材料となることも。

chihiro
私はずっと「必要とされる人間」である為に模索し続けました。私の両親は私という人間は必要としてなかったので、お金という材料を使って何とか繋ぎとめていたのです。今思うと「バカか!」と思いますが、その当時はそれしか思い浮かびませんでした。
bitomos担当部長
よく彼氏や彼女に貢ぐ人は聞いたことがあるけど、親に貢ぐってなかなかイレギュラーやなぁ。親のすねをかじるって言葉もあるくらいやし。chihiroさんはお金を使って自分の必要性を必死でアピールしたんやな。

自分だけをもっと見て!

もっと自分を見て欲しい。自分だけを見てて欲しい。よく恋人同士などの嫉妬や束縛の要因となる感情です自分への愛情が足りないと感じていたり、今向けられている愛情が他に向けられてしまうのではないか…という不安から来るものでしょう。

担当直入に言うと、怖いのです。恋愛で言えば、他に素敵な女性が現れたら自分は捨てられてしまうのではないか…たまたま出会った人と比べられて自分に愛想尽かされてしまうのではないか…と。友達に対しても同じ感情が湧き上がる事もあります。今はこんなに仲良しだけど、いつか違う気の合う友達を見つけ疎遠になるかもしれない。

恋愛でも友人関係でも、他の人と比べられないように、他の人に愛を奪われてしまわないように「自分だけを見てて欲しい」と強く願ってしまう。そんな自分がいませんか?

bitomos編集長
これって言葉や態度に出さないだけで、実は多くの人が経験したことがある感情だと思うな。私も昔は何をしても自分に自信が持てなくて、彼氏に対する束縛が強いタイプだったよ。でもそんな自分が嫌で余計自己嫌悪に陥っちゃったりしてね…。
bitomos担当部長
そうやな~。しかし、それをあからさまに態度や言葉に出されまくると、重くて逃げたくなってしまう人多いと思うで。
chihiro
それもなんとなく察しているから、言えずに1人悶々としちゃう人もいます。そして「自分だけが好きなんじゃないか」と勝手に一方通行な恋愛に感じて嫌気がさす…。恋愛あるあるだと思いますよ~。

愛されたいという願望が強くなってしまう原因

このように、人に愛されたいという願望がとても強くなってしまうには原因があると言われています。その原因を3つの項目に分けてみました。

1:幼少期などのトラウマ

他者からの愛情に強く依存してしまう原因の多くは幼少期の家庭環境にあると言われています。子どもの頃は大抵無条件に愛情を注がれるものです。お子さんを持つ方ならイメージしやすいと思いますが、どんなに子育てにため息をついても可愛い我が子には変わりないですよね?

それが子どもにとってありのままの姿を愛して貰っているという認識に繋がることになります。しかしながら、世の中には筆者のように自分に無関心で、時に暴力を持って開こうとした口を閉ざされた方もいます。そのように育った子どもは「どうすれば愛して貰えるのか・育てて貰えるのか」を考えるんだとか。

その時に何を考えるのかと言うと、前述したように自分の価値を提供しようと頑張ります。必要な人間だという事をアピールします。それを無意識に続ける中で、「自分は○○じゃないと許されない人間」という感覚が身に付く。

だけど、そこから抜け出したいと思う自分がいて、自分の中で当たり前だった価値観の提供や、必要性を誰かに愛をもって代弁して欲しい。それが愛を強く求めすぎてしまう大きな原因だと筆者は考えます。

bitomos担当部長
世の中には、色々な育ちの人がいるって言うのは重々理解しているけど、実際に生の声を聞くと問題は周りが思っているより深いものがあるな~と思うたわ…。
chihiro
そんな事をいちいち人に話していたらただの悲劇のヒロインになってしまうので、私も言いませんけど…(笑)それに可哀想だと同情されたいわけでもないんです。自分の中の答えに辿りつきたいと思っているだけ。そう感じている人ってたくさんいると思いますよ!

2:自分に自信がない事で不安が大きくなる

幼少期のトラウマだけではなく、極端に自分に自信が無い人も愛を強く求める傾向がありますね。体型や容姿などへのコンプレックスや、性格などによるもの。だいたいの人が多かれ少なかれコンプレックスを持っているものですが、自分の中でそれが引け目とすら感じてしまうこともあるのです。

自信が持てない事によって、コンプレックスが原因で目の前にある愛が遠ざかってしまうのではないかとハラハラすることもあるでしょう考えれば考えるほど、不安が大きくなり…。不安が大きくなればなるほど、それをどこか違う愛で埋められないものかとすら考えてしまう。悪循環ってやつですね。

bitomos編集長
周りからしてみれば大したことないコンプレックスでも、本人にしてみれば大問題なこともあるしね。

3:愛というものをよく知らない

そもそも愛というものを知らない人も。筆者はある時期、色々な経験者と話す機会があったのですが、虐待を受けながら育った女性がいました。殴られたり蹴られたり、罵声を浴びせられるのは日常茶飯事。しかし、彼女は大人になるまでそれが虐待だと思ったことがなかった。

自分が可愛いから叱ってくれているんだ。これは親からの愛情表現なのだ。本気でそう思っていたそうです。ある日近所のおばさんに「小さい頃の虐待…大変だったね…もう大丈夫?」と声を掛けられた事をきっかけに、初めて自分が経験してきたものは他とは違うんだ…と感じたと言っていました。

これは究極の例ですが、愛というものを履き違えていたり、よくわからない人にとっては「愛とはなんぞや」って話なんですよね。時には人の愛の重さを図ってしまうこともあるでしょう。それが愛を求めすぎていると周りには見えてしまうかもしれませんね。

chihiro
愛って何?って聞かれたら正直私も即答出来ないですが、目に見えない何かを人は死ぬまで求め続けるものなのではないかな?

愛を求めすぎてしまう人の特徴

ここまでは愛されたい願望が強く出てしまう傾向や、心理について触れて来ました。それだけではなく、自分でも辞めたいちょっとした癖があります。筆者もこれを書くに当たり、ハッとした事があったのでここで少し触れされて下さい!

つい疑い深くなる

愛してくれる人が目の前にいてとても幸せなはずなのに、今感じている愛に対しての幸せな気持ちや喜びではなく、この愛を失ってしまうのではないかという不安の方が大きい。彼氏彼女であれば、浮気やこの交際が真剣ではないのでは?と疑ってしまったり、友達であれば上辺だけの付き合いなのではないかと不安になる事があります。

bitomos担当部長
気持ちはわからんではないが、いちいち疑われてたりすると信じて貰えないという事が交際に自信を失うきっかけになるのでは…?
chihiro
はい。実際にそうなんです。だから本人もこの癖みたいなものから抜け出したいのですが、不安の方が大きくなってしまう。そこでまた自己嫌悪…。

怖くなって愛から逃げだしてしまう

愛されていても不安が大きい。その不安を自分の中で消化出来ず、いつか消えてしまう愛なら自分から終わりにしよう。そう自ら愛される事から逃げ出してしまうこともあります。きっと怖くなってしまうのでしょう。いつか来る別れなら、傷が浅い今の方がまだいいと…。

chihiro
これまさに私です!もうこれが怖くて恋愛という事柄から逃げて回ってます!(笑)
bitomos編集長
chihiroさん!安心して!我が社には心強い恋愛アドバイザーの恋野さんがいるよ♪(笑)彼女にカウンセリングしてもらいましょ!私も一緒にいってあげるから…♡

寂しさを抱え込む

結局自分から逃げてしまったので、寂しさを1人で抱え込むことになりますその孤独感から「誰かに支えられたい」などとより一層、愛への憧れが強くなる。なのに怖くてその一歩を踏み出せない。自業自得と思われる方もいらっしゃるとは思いますが、当人はとても辛く苦しんでいるのです。

bitomos担当部長
俺も寂しがり屋だけど普段は強がってるから、気持ちわかるな~。
bitomos編集長
そうだったんですか!?ここに来てちょっと意外だったわ…。

相手に対して過度の期待をする

愛されたいと強い願望があるがばかりに、相手に対して過度の愛情を期待してしまう。それゆえ、自分の求めているような愛情を感じられないと次第にそれが失望へ変わってしまうのです。「なんで?私はこんなに愛しているに…」となってしまうわけですね。

bitomos担当部長
なるほどな~。この一連の流れがようやくわかったわ!

どうすれば「愛」に執着をなくせる?

では、この悪循環からどのように抜け出すことが出来るのか。今このお題に悩んでいる人はいち早く今の状況・環境から脱却したいはず。愛されたいという執着から抜け出す方法をまとめました。

自分を好きになる

まずは自分の事を自分で好きになる必要がありますどんなに愛を求めても、自分が自分を認めて愛していなければ、せっかく注がれた愛も不安に変わってしまうのです。まず今の自分を観察してみましょう。

どんなところが好きですか?この記事に辿りついた人は「自分に良いところなんて一つもない」と感じているかもしれません。でも自分が愛せない物を相手にどのように愛してもらうのでしょうか?例えば、自分を一つの商品だと仮定します。何でも良いですが、美味しい食べ物だと仮定しましょうか。

自分の中ではとても不味い食べ物だと思っていますが、それを何とか相手に好きになって貰いたい・買ってもらいたい!相手はそれを「美味しい」と喜んで食べました。でも自分では不味いと思っているのでその人の感想は建前や嘘だと感じてしまうでしょう。どうでしょうか?何となく自分を好きになる必要性が見えましたか?

bitomos編集長
でも、自分に自信が無いのにいきなり自分を好きになれって難しい話だよね!その為に参考になりそうな記事を私が以下にピックアップしたので読んでみて下さい♪

▼自分の体型に自信が無い方は、こちらの記事を読むと自分を見る目が変わりますよ♪

自分の体を好きになろう♡渡辺直美さんに学ぶ自分に自信をもつ生き方

▼自身のコンプレックスに悩んでいる方は、こちらから克服法を学んでみませんか?

コンプレックスは克服できる!容姿に囚われずもっと素敵な輝きを放て

愛を求めるのではなく、与える

どうしても愛と言うものは相手に求めがちなものですが、本来「愛」と言うのは与えるものです。相手を大切に想うことはとても素敵な事。「あなたを愛して止まない…だからあなたも私を愛して!」という願望はとても共感出来ますが、それは愛情の見返りを求めている事。

その見返りがなければ、自分の中の愛が崩れ去りそうですか?愛を示して貰えないと不安で逃げたくなりますか?それは本当に愛していると言えるのでしょうか。本当にその人を愛しているならば、自分の愛情をたくさん注いで下さい。

何でもそうですが「もっとちょうだい!」と求め続けられると嫌気がさすものです。しかし不思議ながらに、与え続けられた愛には頑張って何倍にもして返そうと思うのが人間ちょっと不思議で面白い話なんですが「愛してるからあなたも愛して」と「愛されてるから愛したい」は似てるようで別物なんですよ。

chihiro
私の親友が子どもたちに「ママなんて大嫌い」と言われていたのですが「いいよ!ママは嫌われても大好きだから」と言っていたのを見て、なるほどね!って思いましたよ~。

あと、外国人の男性に「あなたが大好きです」と言われ続け「その気持ちには答えられない」と言ったら「え?別にいいよ?僕はあなたが好きだって勝手に思っているから」と言われ「あ!答えは要らないんだ?何だかすみませんでした。」ってなったことがありましたね~。(笑)

bitomos担当部長
ははは。それおもろいな~!(笑)まさに愛は求めるものではないってやつか!

愛を求めることに罪悪感を感じない事!

自分の嫉妬深さ、愛を求めすぎている事に罪悪感を感じている人もいらっしゃるでしょう。「こんなんじゃダメだ」と自分を責めてしまうことも。

そもそも愛を求める事は人間に生まれてきたからには自然な事です。何も悪いことではありません。ただ少し方法を知らなかっただけ。何も恥じることでは無いですし、引け目に思う事でもありません。愛と言うのは溢れ続けていいぐらいなんです。

それに「愛されたい!」と強い願望が産まれるほど、あなたは愛情深い人間なんです。筆者は人を好きになる事自体すごい事だと思いますよ!こんなに広い世界の中で、愛して・愛されたい人が居るなんて素晴らしいじゃないですか♪求めたらダメなのではなく、求めるだけじゃ愛は手に入らないという意味なので安心してください。

愛されるためには、自分から愛そう!

いかがでしたか?愛されたい…。自分をもっと見て!というような感情に自分自身が苦しむこともあったかもしれませんね。これらの事を世間では「愛されたい症候群」と呼ぶそうですが、何だか病気のように聞こえてしまうと悲しいので筆者はあえてこの名目を記載しませんでした。

誰でも愛を求めるものです。それは何一つ不思議なことではなく、自然なこと。でもそれは見返りとして求めるものではなく、与えてから初めてその価値を知れるものだと筆者は考えています。皆さんはどう受け取りましたか?

chihiro
愛について熱く語ってしまいましたが、お2人が居たおかげで暗くなりすぎなくて良かったです(笑)
bitomos担当部長
なんや!俺は真面目に聞いてたんやけど!
bitomos編集長
あ!そうだ!chihiroさんいつ恋野さんのカウンセリング受けにいく~?♪部長も行きましょうよ~♪

chihiro
その話はしばらくいいです…。仕事頑張ります…。

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

chihiro

chihiro

ライターのchihiroです♪過酷な人生経験をし、人にはよく強い人と言われますが、本当は自分も守って貰える側が良い!と密かに女心抱く一面も。私の経験が誰かの役に立つような実体験記事をベースに投稿しています♪⇒詳しくはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • 既婚男性が好き!辛い不倫関係でもその先に幸せがあると信じてる?

  • 家計の見直しから始まる節約のコツ!貯金は楽しくなくちゃ続かない!

  • bitomosライター chihiroのプロフィール

  • 実話を元にしたおすすめ洋画!問題提起作品とも言える映画6選

関連記事

  • サプライズのプレゼントで感謝の気持ちを♡大切な人へのありがとう

  • 彼と初お泊まりデート★「いびき・すっぴん・トイレ」三大お悩み解決

  • 告白しないでカップル成立する!?必要なのは言葉ではなく○○だった

  • 国際結婚のメリット・デメリット!後悔しないために知っておきたい事

  • 2017年のバレンタインは手作りで彼のハートをゲットしよう♡

  • 色気のある女性になる方法とは?大人の魅力を引き出して女度をアップ