1. TOP
  2. 結婚
  3. ボクが嫁を嫌いになった理由はコレ!妻の悪行7つへの夫の言い分とは

ボクが嫁を嫌いになった理由はコレ!妻の悪行7つへの夫の言い分とは

 2017/03/29 結婚
この記事は約 22 分で読めます。 43,576 Views
なごみぃ
こんにちは!商品のプロモーションやイベント企画の仕事に長く携わってきたので、トレンドには敏感!(でいたい)です。「なぜなぜ?どうして?」と根掘り葉掘り知りたいタイプなので、気になった情報はトコトン掘り下げて紹介します!⇒詳しくはこちら

主婦役の小池栄子さんが「稼ぎのいい夫に変えるか…」とつぶやくENEOSでんきのCM。女尊男卑すぎじゃないの?とネットをざわつかせていましたが、「変えられるものなら変えたいわ…」と、思っている妻は結構いるんじゃないでしょうか?

ですがコレ、妻だけが思っていることじゃないんですよね~。とある男性誌の調査によれば「この嫁と結婚するんじゃなかった」と結婚を後悔したことがある男性は、なんと65.5%もいるんだとか。妻を嫌いになる瞬間って、どんなときなのでしょう?気になりますよね。

なごみぃ
こんにちは!結婚歴ウン十年のなごみぃです。幸いうちは夫婦円満!だと思っているのですが、夫の本音はどうなんでしょうね…。こんな出来た嫁(自分で言うか?)に文句を言ったら罰があたるぞ!と言いたいところですが、夫側の言い分とやらをちょっと聞いてみましょうか…。

妻を嫌いになる理由TOP7!

冒頭でも紹介した20代から40代の既婚男性を対象にした男性誌のアンケート。離婚に関する質問では、65.5%の男性が「離婚したいと思ったことがある」と回答し、そのうち「原因は妻側にある」と回答した人は34%にも上ります。離婚と言えば、夫の浮気やDVなどで「妻が夫に愛想をつかす」ケースが多いのかと思っていましたが、最近ではちょっと傾向が変わってきているようです。

マサヒコ
なごみぃさん、気をつけてくださいね~。
実際、男同士の飲み会では、嫁の愚痴大会になることが多いんですよ。中にはマジで離活(離婚活動)しているヤツもいますからね…。ウチだって、「子どものために」と思って我慢してるけど、いなかったら即離婚!してますよ。
ナガイ部長
マサヒコ君は結婚してまだ3年やろ?もう離婚したいんか?でもまぁキッつい嫁はんもおるからな。同情するよ。
なごみぃ
げっ!ナガイ部長まで登場!?妻側が私一人じゃ劣勢だけど、まあ話だけは聞いてあげましょうか。妻を嫌いになる理由トップ7と夫のリアルボイスには、しっかり反論させていただきますよ!

1位 夫がストレスのはけ口に?性格がキツイ嫁

  • 帰ってくるなり「遅い!」「タバコ臭い!」といきなり怒鳴られる。口を開けば、家事や育児の不満しか言わないので、家に帰ってもまったくリラックスできない。
  • 少しは家事や育児を手伝おうと思っているのに、「たまに子どものお風呂を入れただけで偉そうな顔するな」とか「お皿がキレイになっていない」とか「しまう順番が違う」とかイチイチ怒られる。
  • 嫁が怒っているとき黙って聞いていれば「何とか言わんか!」と言うし、反論したら「理屈っぽい」って更に怒る。
マサヒコ
うちの嫁も子どもが生まれてから性格が豹変したんです。付き合ってた頃は、そんなにキツイ性格ではなかったんだけど、今は完全に鬼嫁。家にいると小言を言われるか完全ムシのどちらかだから、家に帰りたくなるんですよ…。
ナガイ部長
性格がキツイのはあかんな。ちょっと言い返すと倍返しされるから、何も言いたくなくなるわ。
なごみぃ
なるほど、こんな繰り返しが夫婦の会話を減らす原因になるのね。

最近は、産後2~3年で夫婦仲が冷え切ってしまう産後クライシスが増えていると言います。厚生労働省の全国母子世帯等調査でも、子どもが0歳児から2歳児の間に離婚した母子世帯の割合は、全体の35%にも上ることが分かっています。

産後クライシスが起きる理由には、

  • 出産による体調変化やホルモンバランスの乱れから感情が不安定になる。
  • 密室育児によって社会から取り残されたように感じる精神的不安。
  • 妻は母としての自覚や責任感をから急速に意識が変化しているに、若い頃と変わらない生活を続けている夫に対してイライラが募る。

ことなどが挙げられています。夫がストレスのはけ口になるのは致し方ない部分もありますね。

特に、心身ともに辛い産後の時期に、育児の協力が得られなかった妻は、そのときの恨みを忘れることができません。ちょっと子どもの面倒を見ただけでイクメンパパ!と持ち上げられたり、家事を多少手伝ったぐらいで優しい家事ダンなんて言われているのを見ると、なんだか無性に腹が立つし、「手伝ってあげるよ」という言葉にもイラっとしてしまうんですよね。

夫に対して不満があるのなら、して欲しいことを口に出して言いましょう。「言わなくてもわかるだろう」「察してくれるだろう」と思うのは、妻の甘え。男性は脳の構造からして「察することが苦手」なんです。言葉にしなければ気持ちは通じません。

また、イライラを解消するためには、一人になる時間を作るというのも良い方法です。
平成29年に育児介護休業法が改正され、男性の育休が以前より取りやすくなりました。

▼法改正についてはこちらの記事に詳しく書かれています。
「平成29年育児介護休業法が改正に!働くママ・イクメンパパも必見♪」

たまには夫に会社を休んでもらって1日育児を交代してもらうというのはどうでしょう?美容院に行く、買い物に行く、エステに行くなど、普段子どもがいるとできないことをやってみましょう。気分がリフレッシュされて、新たな気持ちで夫や子どもに向き合うことができるはずですよ。

2位 浮気してもいいの?セックス拒否の嫁

  • 里帰り出産した嫁。自宅に戻ってきてからずーとセックスレス。ムリに迫ると獣を見るような目つきで見られてしまう。俺は野獣じゃないのに…。
  • 妻は子どもと添い寝と称して、必に先に寝てしまう。起こすのも可哀想だからそのまま寝かしておくけど、夫婦の時間はなくなった。懇願してやらしてもらうこともあるけど、嫌々応じてるっていうのがあからさま。途中でイビキをかかれたこともある。
  • パジャマを脱がしたら、よれよれの下着を着ていたので一瞬で萎えた。
なごみぃ
疲れているときや気分が乗らないときって誰でもあるじゃない。私もよく寝たフリしたな。
マサヒコ
ボクまだ30代ですよ~。妻にセックスを拒否されたら、どこで解消したらいいんですか?もう浮気するか風俗しかないですよ!ナガイ部長のお宅はどうですか?うまくいってるんですか?
ナガイ部長
うちはまぁその、相性がええからなぁ。ほどほどに…って、うちのことはええから、なごみぃさん、話進めて!

熟年世代ではセックスレス夫婦は珍しくありませんが、新婚時代からセックスレスというのは、ちょっと気になりますね。ただ、授乳中のお母さんは、母乳を出すためのプロラクチンというホルモンの影響で性欲が抑制されてしまうので、これは仕方のないことなのかもしれません。

また、「立ち合い出産で衝撃を受け、それ以来妻とセックスできなくなった」という夫や、何度も拒否されているうちに男として自信を喪失してしまったという繊細な男性も多く、男性側の理由でセックスレスになることもあるようです。

身体がしんどい、少しでも眠りたいという妻の気持ちはわかりますが、セックスレスの状態が長く続けば続くほど、再開へのハードルは高くなります。浮気されたくなければ、妻側も多少は譲歩しなければいけませんね。

3位 まるで詐欺?!容姿が劣化した嫁

 

  • スレンダーなスタイルが嫁の魅力だったはずなのに、産後太りで体重が8㎏も増。産後5年も経つんだけど、いったいいつになったら産後が終わるんだ。
  • 家にいる妻を見ていると、コンビニスィーツやお菓子ばっかり食べている。これじゃ太るのが当たり前。
  • 化粧をしている姿は、ここ何年も見ていない。朝家を出るときと帰宅したときと、まったく同じズルズルのジャージ姿なんだが、1日中ジャージで過ごしているってこと?とても女として見れない。
ナガイ部長
嫁がオバはん化してくるのを見るのは、ちょっとしんどいな。
マサヒコ
ですよね。うちなんてオバはんじゃなくて完全にオッサン化していますよ。
ナガイ部長
オッサンか…それじゃ会社の若い女子社員に目移りしてもしゃぁないな。
なごみぃ
ったく~。言いたい放題ですね。そんなことダンナに言われたら「お前が言うな!」ですよ。体重が変わっていなくても、ダブついたお腹周りやたるんだ二の腕には、男の魅力なんてありませんからね。

家事や子育てが忙しければ自分のことは二の次になってしまいますよね。それを「女として魅力がなくなった」なんて言われると、イラっとを超えて夫に殺意すら芽生えてしまいます(笑)。そんなこと言うならエステや高級化粧品をふんだんに使えるだけのお金を稼いでこいっ!って感じですよね。

ただ、夫が「劣化した」と言うのは、本当に容姿だけのことなのでしょうか?TVを見ながらボリボリお菓子を食べ続づけているような、そんな怠惰な姿に幻滅しているのかもしれませんよね。その点は、自分自身の行動を振り返ってみる必要がありますね。

4位 家事をしないズボラ嫁・家事ができないダメ嫁

  • 専業主婦のクセに家事はすべていい加減。出したものは出しっぱなしだし、床にゴミが落ちていても拾おうともしない。あちこち埃だらけで子どもの衛生上もよくないと思うんだけど、注意するとすぐにキレるので言い出せない。
  • 共稼ぎなので家事は土日にまとめてやっている。妻はいつも昼過ぎまで寝ているので、掃除や洗濯は仕方なくボクがやっている。疲れているのはわかるけど、結婚当初に決めた役割分担を守って欲しい。
  • 嫁は実家暮らししかしていないので、家事はまるでダメ。結婚してからも実家べったりで、義母も頻繁に家に来て、嫁の代りに掃除や食事の作り置きをしてくれているようだ。いい加減、親離れ、子離れして欲しい。
マサヒコ
この前同僚と飲んだとき、「終電逃したから泊めて!」って頼まれたんだけど、嫁に連絡したら「今散らかってるからダメ」ってケンもホロロ…。専業主婦なんだから家の片付けや掃除ぐらい毎日ちゃんとやって、いつ誰が来ても大丈夫なようにしておいて欲しいよ。
ナガイ部長
せやな~。共働きなら多少目をつぶるし、役割分担して夫も手伝えばええと思うけどな。専業主婦はそれが仕事なんやから、ちゃんとやってもらわんとな。
なごみぃ
はぁ~?ちょっとお二人とも、まさか「家事や育児は女の仕事」って思っているわけじゃないですよねぇ?そんな考えじゃ、嫁を変えてもまた同じ不満を持つことになりますよ!

主婦の仕事は年中無休、さらに子どもが小さいときには24時間体制で、それにかかる労力は並みのブラック企業以上のものですよね。それを一人でやろうとするのはムリがあります。「家事や子育ては女の仕事」という固定観念が、夫と妻の両方を苦しめることになるのです。

家事が完璧にできないことに負い目に感じてしまうと、夫のちょっとした言葉が嫌味に思えてしまったり、自暴自棄になって、益々家事から遠ざかってしまったりすることってありますよね。「できない日もあるさ」と割り切ってしまえば、気持ちをラクに保つことができるでしょう。

「夫の稼ぎで食べているんだから、家の中のことは私がやらなきゃ」とか「よき母にならなきゃ」という思いが強すぎると、ストレスが高じてうつ病を発症することもあるようです。一人で頑張り過ぎないでくださいね。

▼主婦のうつに関してはこちらの記事を参考にしてくださいね。
主婦の鬱が問題に!?意外な原因と上手な回復方法をお教えします

だからと言って、もちろん家の中がゴチャゴチャのままでいいというわけではありませんので、そこは夫にも協力を依頼しましょう。「夫は手伝ってくれない」というのなら、家事の機械化やアウトソーシング化を検討するのもおススメです。

特に共働き夫婦の場合、実は夫のほうが家事の機械化(食洗器、ロボット掃除機など)に対して積極的で、なんと50%以上の男性が機械化を検討してるという調査会社のデータもあります。男性は合理的な考え方をする人が多いですから、きちんと相談すれば意外とすんなり導入を認めてくれるかもしれませんね。

「自分もできない・夫もやりたがらない」という家事は、思い切って人や機械に任せてみましょう。もちろんコストはかかりますが、夫婦の時間・ストレスの軽減というコスト以上の収穫が得られるはずですよ。

また、育児に手がかかるときに頼りになるのは、やっぱり実家。子育ての相談やちょっと子どもを預かって欲しいというときには、自分の親に頼むのが一番安心ですよね。

ただ、嫁の親がしょっちゅう家にいるというのを嫌がる夫は多いでしょう。自分の家にいるのにマスオさんのような感覚に陥ってしまうのかもしれません。家事や子育てを親任せにするのではなく、一緒にやりながら学んでいくという姿勢が大切。徐々に親離れしていきましょう。

5位 そこにはお金をかけるんかいっ!お金の価値観が違う嫁

お金の価値観

  • 家計が苦しいというので、お小遣いは月2万で我慢しているのに、気がつくと妻の服は増えている。ママ友とのランチ会も頻繁にやっているようだ。「参加しないと子どもが仲間はずれになっちゃう」というのだが、ボクが会社で仲間はずれにされていることは気にしていないようだ。
  • 家計のヒモは妻が握っているのだが、貯金は一切していないようだ。浪費グセがあるわけではないが、やりくりベタというか、ムダが多いように感じる。このままでは子作りはムリかも。
  • 節約に命をかけているうちの嫁。歯磨き粉の量からトイレットペーパーの使用量まで細かくチェックされてて息が詰まる。「一軒家を買うため」らしいが、自分は家にこだわりはないし、賃貸でもマンションでも別にかまわないのに。
マサヒコ
休みの日には一緒に買い物に行くんだけど、ボクが「食べたい」って言ったものは、「贅沢だ」って絶対買ってくれないんです。たかだかスーパーで売ってるプリンですよ。別に高いものじゃないのに…。

そのわりには、TVで観たお取り寄せ品なんかはすぐに買っているんですよね。ボクは食べさせてもらってないけど。

ナガイ部長
食い物の恨みは恐ろしいな。でもまぁ浪費グセがないならまだいいほうじゃないんかな。
なごみぃ
これはちょっと耳が痛いかな。うちは共働きの頃は完全に財布は別々だったから自分の稼ぎは自由に使えたんだけど、仕事を辞めてからは夫から渡されたお金でやりくりしています。計画的に買い物しているつもりなんだけど、何故か月末になるとお金が足りなくなっちゃうのよね~。

妻や夫の浪費グセは、離婚理由でも上位に挙がってくるポイントです。「独身時代のように好き勝手に物が買えるわけではない」ということは、夫婦ともども認識しておく必要がありますね。

厄介なのは、お金に関する価値観の違いです。例えば、

  • 趣味や自己啓発にお金をかけること。
  • 節約に励むこと。
  • 子どもの教育にお金をかけること

など、相手がお金をかける目的がきちんと理解できていないと、単なる浪費やケチっているだけに見えてしまいます。自分が優先させたいものがあるのなら、まずはよく話し合って、お互いの理解を得られるよう努力することが大切です。

また、相手の価値観が理解できないからと言って、一方的に「ムダ」と決めつけたり、お小遣いを極端に減らしたりするのは禁物です。抑圧された感情は、いつか必ず爆発します。ある日突然「離婚したい」と言われてしまうかもしれません。

「月いくらまで」という金額の上限や「ここまではOK」というボーダーラインを決めるなど、お互いが納得できる妥協点を探してみてください。

▼無理せず楽しく節約したい!そんな方はこちらの記事も読んでみて下さいね。

家計の見直しから始まる節約のコツ!貯金は楽しくなくちゃ続かない!

6位 子どもを私物化?子育ての考え方が違う嫁

  • 嫁は子どもを甘やかしすぎ!このままでは一人では何もできない大人になってしまう。
  • 「幼稚園のお友だちがみんな通っているから」という理由だけで、幼児塾に通わせている嫁。そのうち「お受験する」とか言い出しそうで不安。うちは私立に通わせるような余裕はないのに。
  • 息子はサッカーをやりたいらしいが、嫁は「危ないから」と言ってサッカー教室に通わせることに反対している。子どもがやりたいと思うことをノビノビとやらせてあげたいんだけど、まったく聞く耳を持ってくれない。
マサヒコ
塾とかお受験とか「子どものため」って言ってるけど、結局自分の見栄のためでしょ?うちはまだ2歳だからはっきりした教育方針なんて決めてないけど、そのうち嫁とバトルになりそう。ナガイ部長のお宅は大丈夫でしたか?
ナガイ部長
うちは意見が一致してたから子どもの教育ではモメなかったな。学歴より色んなことを経験させることの方が大事やと思ってるから、基本的に子どもの意志を尊重するようにしてたよ。
なごみぃ
子どもの「お受験」はTVドラマなんかでもよく話題になりますよね。モメる原因って、普段子育てを母親任せにしている夫が、突然意見を言い出すからじゃないのかな。夫が早くから育児参加してればモメないはずですよね。

子どもと向き合う時間は、圧倒的に母親のほうが多いですよね。ワンオペ育児と言われるように、父親や周囲の協力を得られないまま母親一人で子育てをしていれば、子どものことを一番理解しているのは自分だと自負するのは当たり前のことでしょう。普段は任せっきりにしている夫に、子育てや子どもの教育についてとやかく言われることは、我慢ならないかもしれません。

でも、気をつけなければいけないこともあります。「子どものため」というのが、実は「自分のため」になってはいないか?ということです。子どもは親の所有物ではありませんし、子どもは親の期待に応えるために生きているわけではないということをしっかり認識しておきましょう。

また、妻と夫の教育方針は、必ずしも一致していなければならないという訳ではありません。どちらを選ぶかは子ども自身が決めることです。

7位 恋愛体質?浮気する嫁

浮気・不倫

  • 結婚後も仕事を続けている嫁。最近仕事が忙しいらしく、残業で遅くなることが増えてきたのだが、3回に1回は酒を飲んで帰ってくる。「飲み会も仕事のうち」というのは理解できるが、こんなに頻繁に飲み会があるのはおかしいでしょ。男が出来たとしか思えない。
  • 子どもを風呂に入れるときも、寝かしつけるときもスマホを手放さない妻。こっそり見てみたら、知らない男とのLineのやり取りが…。明らかに身体の関係があったと思われる内容で浮気を確信した。
  • 妻の浮気が発覚して問い詰めたところ、あっさりと認めた。妻は離婚してもいいが、子どもの親権は譲らないと言ってる。あんな女に子どもを渡したくないのだが、男親は親権を取りにくいと聞いて離婚を躊躇している。
マサヒコ
子どもがいるのに浮気とか、母親としての自覚がないってことですよね。ボクは絶対許せません!即離婚です!
なごみぃ
まあ、確かに浮気はよくないわよね…。夫に男としての魅力がないとか、女として扱ってもらえないとか、満たされない想いを他の男性に求めてしまう気持ちは、わからなくはないけどね。でも、浮気がバレてしまったら離婚って言われても仕方ないかな。仮に許してもらえたとしても、一生針のむしろだわ。
ナガイ部長
そうか~?でも浮気してる嫁はんってキレイやろ?女としての魅力を維持するためなら、多少はええんとちゃう?
マサヒコ
えっ?
なごみぃ
マジですか…部長って意外と大らかな性格なんですね!ちょっと見直したかも…。

最近では既婚者同士の浮気のことを不倫ではなく婚外恋愛と呼ぶそうですね。不倫と何が違うのか?というと「お互いの家庭に配慮しながら恋愛を継続させる」ことなんだそうです。

▼婚外恋愛をうまく続けるコツについてはこちら
婚外恋愛の長続きのコツは?恋愛賞味期間3年を超える秘訣はこれ♡

家庭は家庭で大事にしたい。でも、夫とは男女の関係ではいられない。家庭の外に恋人を持つことで女性としての自分を維持することができるのなら、むしろ家庭が円満になるはず…。そんな風に考える女性が増えているんですね。

夫や子どもに知られずに、こっそり関係を続けられれば良いのですが、バレてしまったときは大変です!夫からしてみれば、婚外恋愛なんて美しいものではなく、単なる浮気・不倫でしかありません。離婚を突き付けられても仕方ありませんよね。

中には、バレたことを幸いに、離婚して不倫相手と一緒になろうと考える人もいますが、自分の家庭、相手の家庭を壊してまでも、一緒にいたい相手なのか?今一度冷静になって考えてみてください。

離婚はとてもパワーのいることです。ましてや不倫の末の離婚ということになると、相手の妻、自分の夫、双方から慰謝料を請求される可能性だってあるのです。一時の感情で突っ走ると一生後悔する結果になるかもしれませんよ。

その他少数派の意見は?

そのほかの少数派の意見としては、「暴力をふるう」「食事がまずい」「頭が悪い」などが上がっています。

妻が夫に暴力?ちょっと信じがたいですが、実は最近妻のDVも増えているんだそうです。「女性に手をあげてはいけない」と、夫側はぐっと我慢しているのでしょう。反抗してこないからと言って、暴力をエスカレートさせてはいけませんね。

マサヒコ
子どもの前では絶対やめて!男としてのプライドがズタボロになっちゃうよ。

 

夫の心をつかむためには、胃袋をつかむのが一番!料理下手な妻は確かに分が悪いですね。手の込んだ料理にこだわる必要はありませんが、一般的なおかずとお味噌汁ぐらいは美味しく作れるようになっておきたいですねよね。ママのご飯がマズいと一番可哀そうなのは子どもですよ。

ナガイ部長
夫婦二人なら外食でも買ってきた総菜でもええけどな。子どもが「フリカケが手放せない」とか「お弁当がしょぼい」とかになると悲惨やで。

▼料理に自信がないあなた!一度定番料理のレシピをおさらいしてみませんか?

基本的な定番の料理レシピ12選!これでいつでもお嫁に行けちゃう♡

 

「頭が悪い」って、今さら言われても…ですよね。「女の子は多少頭が悪くても愛嬌があればいい」なんて言われていますが、いざ「生活」となると、多少の知恵や要領の良さといったものは必要なのだと思います。また、男性は頼られると嬉しい生き物ですが、何でもかんでも依存されてしまうとウザいと思うこともあるのでしょう。

なごみぃ
バカなフリして夫をたててあげることも時には必要だけどね!

夫と妻のギャップを縮めるには…

いかがでしたか?夫が嫁を嫌いになる理由。「自分のことは棚に上げて、ふざけんな!」と思われたかもしれませんが、たまには真摯に自分の行いを振り返ってみるのもいいでしょう。自分が不満に思っていることは、たいてい相手も不満に思っているんです。夫を責める前に、まずは自分から!ですね。

離婚の原因って、浮気のような決定的な理由よりも、日々の生活で澱(オリ)のように溜まっていった不満が引き金になっているように思います。面と向かって「お前のココが嫌い」と言われなくても、夫婦の会話が減ってきたな~と感じているなら要注意! できることから直していきましょう。

▼どうやって改善すればいいかわからない?という方は、こちらの記事も参考にしてくださいね!
夫の操縦法って?思い通りに旦那を動かす「頼み上手」のテクニック♡

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

なごみぃ

なごみぃ

こんにちは!商品のプロモーションやイベント企画の仕事に長く携わってきたので、トレンドには敏感!(でいたい)です。「なぜなぜ?どうして?」と根掘り葉掘り知りたいタイプなので、気になった情報はトコトン掘り下げて紹介します!⇒詳しくはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • パート面接に受かるコツ!<1>面接官が教える「受かる人」のマナーと服装

  • パートの面接・採用を辞退したい!角が立たない大人の断り方とは

  • パート面接に受かるコツ!<8>面接官が〇をつける髪型やメイクはコレ!

  • パート面接に受かるコツ!<10>面接の練習は第一印象をブラッシュアップ!

関連記事

  • DVには精神的暴力も含まれる!言葉や態度の暴力あなたは大丈夫?

  • 結婚できない不安や焦りで辛い女性へ。気持ちを和らげる6つの考え方

  • 結婚したいと思わせる女の7つの特徴♡モテ女との違いとはここだった!

  • 離婚を意識し始めたら準備しておきたいこと!知っておきたいあれこれ

  • 独身は貯金しやすい?平均貯蓄額を知って必要な額をしっかり貯めよう

  • 婚外恋愛でプラトニックはあり?女性が求めるセカンドパートナーの存在