1. TOP
  2. 目の下の3種類のクマの対処法!基本ケアとポイントケアでしっかり解消

目の下の3種類のクマの対処法!基本ケアとポイントケアでしっかり解消

 2017/05/26 美容 健康
この記事は約 17 分で読めます。 144 Views
目のクマ

目の下のクマには3種類あるって知ってますか?クマを消すには3種類それぞれの対処法をすること、そしてポイントケアが必要です。3種類のクマの原因の違いを知って、正しいケアで解消していきましょう!

青色
bitomosライターの青色です。年齢問わず鏡で自分の顔を見た時に気になる「目の下のクマ」。その原因知ってますか?
西川美穂
クマの原因って寝不足だけじゃないんですか~?私のクマは確実に寝不足が原因かなと思ってるんですけど~。母はちゃんと睡眠とってるのにクマが気になるようなんですよね~。
青色
睡眠不足だけが原因じゃなさそうね。調べてみましょう。

目の下のクマが気になる

目のクマの下

朝起きて化粧しようと鏡に映る自分の顔をみてなんだか疲れてるな…、老けた!?なんて思う事はありませんか?顔の表情を決めるのは顔色が重要なんです。

その顔色に影響があるのが「目の下のクマ」。ちょっと夜更かしになるとクマが目立つ人や、ちゃんと睡眠時間をとっているのにクマが気になる人、またはもう万年クマだからと諦めている人などいろいろです。

悩んでいるのはみんな同じ。女性は特にこんな風に感じいている人が多いです。

目の下のクマの悩み

目の下のクマ

目の下のクマは本人だけが気にしている場合と、周りの人が見て目立って指摘される場合もあるようで、どちらにしても顔の印象としてはマイナスになっていることの方が多いようです。こんな悩みはありませんか?

不健康そうに見える・目つきが悪く見える

目のクマ

「夜更かししたでしょ?」「夜遊びのしすぎか~?」目の下のクマでそんな風に思われたり、言われたりしたことはありませんか。目の下のクマが目立つ人という方もいます。実際は、夜更かしも夜遊びもしていないのに、そんな風に思われたりするのもなんだか嫌ですよね。

青色
目の下のクマのせいで目つきが悪く見られたりとか、見た目の印象が悪くなるのは女性なら特に嫌ですよね。
西川美穂
好きな人にそんな風に思われていたら悲しくなりますよ~。

表情が暗く見える

目のクマ

目の下のクマのせいでなんだか元気がないね、とか 暗いイメージを持たれてしまうことがあるようです。悩みまでいかなくても人から見られる印象が良くないというのもなんだか気になりますね。

青色
本当は根暗じゃないのに暗い人って思われるのもクマのせい?いつも明るいのに今日は元気ないね、なんて思われることもあるのかな。

老け顔に見える

目のクマ

クマがあるせいで老け顔を作ってしまうということがあります。何とか化粧で隠したいのにファンデーションでただの厚塗りになったりそれが余計に不自然な顔の印象を作ってしまっているという事もあるようです。子供がいると余計に老け顔に?とおもうと気になってしまいますね。

 

西川美穂
これはまさに私の母です~!目の下のクマを隠そうとして、化粧の厚塗りになってきてるって言ってました!
青色
目の下のファンデーションの厚塗りって、時間がたつとひび割れみたくなってくるのよね。

そして…ちょっと待って!あなたが思っているそのクマには、3種類あるって知っていますか?その3種類のクマについてまずは知っておきましょう。

西川美穂
え?クマに3種類!?じゃ私と母のクマは種類が違うかもしれないの?
青色
詳しく見ていきましょう。

 

目の下のクマは3種類ある

目の下のクマ

目の下の部分は顔の皮膚の中でもとてもデリケートな場所です。というのも、顔の他の皮膚の部分に比べて、皮膚がすごく薄いからです。目をこすったりするのはNG、皮膚が薄いためにしわになりやすいからです。

そんな目の下のクマはどれもこれも同じではありません。3種類あるそのクマの違いは一体、どういうことなのでしょう。意外と知られていなかったクマの種類をご紹介します。

クマの種類:青グマ

血液はカラダの隅々の細胞に栄養素や酸素を運んでいます。その血液が酸素不足になると黒ずんでしまい、それが目の周りの皮膚の薄い部分に透けて見えるときに青っぽく見える状態が「青グマ」です。

西川美穂
私はこのタイプかなぁ。たしかに見分け方が難しいけど、よーく観察してみると青っぽく見えます。そして目元の化粧崩れもわかる!!

青グマの原因

・睡眠不足
・ストレス
・眼精疲労
・冷え症などの血行不良などがあります。

この様な原因はセルフケアで改善されることも多いので普段の生活習慣から改善していくことを意識しましょう。

西川美穂
これ…完璧に私の目の下にいるクマです~。寝不足するとすぐでてくるんですよね。
青色
同じ生活をしていて、特にクマが目立つ人というのもいますね。

青グマの対処法

・寝不足や質の悪い睡眠にならないようにする。
・スマホの使い過ぎ(パソコンも同様)に注意して目の疲れを溜めないようにする。
・お風呂の時にシャワーだけにしないでちゃんと湯船につかってカラダをあたためて血行を良くする。

・温冷パック…温かいタオルのあとに冷たいタオルをおいて血行改善を促す様にする。普段から仕事などでパソコンを使う方や、スマホを使う人には特におすすめです。

西川美穂
確かにパソコンやスマホの使い過ぎ…。もっと目をいたわる様にしないとダメですね。それプラス寝不足があったりするとてきめんでした。でも自分で意識して改善に向かえるって知れたので、生活改善やってみようと思えます♪

クマの種類:茶グマ

目の下の皮が薄くてデリケートな部分が何かしらの影響で、色素沈着してしまった状態です。年齢に関係なく起こるものでもあります。 

青色
色素沈着ってなかなか取れないないんだよね…。

茶グマの原因

・紫外線を浴びてメラニン色素の沈着
・日頃から目を強くこすったりする

茶グマの対処法

・メイクの際でも、目の周りは力を入れてこすったりしない。
・美白効果が期待できるスキンケア商品を使う。
・しみの原因でもある黒色メラニンの合成を抑える働きがあるビタミンCの食べ物を積極的に摂取する。

ビタミンCを多く含むと言えば…アセロラ!なかなか生のアセロラを見かけることは少ないので、手軽に摂取するにはアセロラジュースですね。その他には、ゴーヤ、ケール、黄ピーマン、赤ピーマンが豊富だということです。

そして、ケールと言えば、青汁!青汁は美味しくないイメージがありましたが、今では飲みやすい商品がいろいろと出ているので、美味しく飲める青汁も増えています。

茶クマが気にある方は、ビタミンCを意識して摂取することをおすすめします。

 

青色
目…私こするなぁ…。美白効果の化粧品で改善に向かえるのね。あとは、アセロラ!今はジュースも売ってるから手に入りやすいですね。

クマの種類:黒グマ

黒グマは…ズバリ!加齢によるものです。加齢によるとはどういうことでしょう。

黒グマの原因

加齢とともに目の周りの筋肉も衰えてくること、そして目の玉(眼球)を支えている靭帯というものも加齢とともに弛んでくること、この2つが大きな原因です。

そのためにしたまぶたが下がって脂肪が前に出る状態になって、目の下が膨らんだようになり、そこに影が出来る、それが黒グマなのです。それに加え、むくみや目元の乾燥もこの目の下の場所に影を目立たせてしまう原因にもなっています。

この黒クマになってしまうと、年のせいだと諦めてしまう人も多いようです。でも改善出来る方法もあります。

西川美穂
うちのお母さんはまさに黒グマ…!ちゃんとケアしてまだまだ若々しくいて欲しいよう!

黒グマの対処法

黒グマは顔全体表情筋を鍛えることとむくみをとることで改善に期待できます。

 

青色
なるほど~!確かにクマの種類によって、原因も対処法も違うみたい!中には対処法でどのクマにも共通しているものあるけれど、ちゃんと自分のクマの種類を知っておくことも大事なんですね。

Rms beauty /ルミナイザー

ルミナイザー
ルミナイザー

参考価格:5,292 円(2017年5月24日現在)

ファンデーションやパウダーを塗った肌の艶感をだすハイライトとして使われます。クマを目立たなくさせるだけではなく、光加減で若々しい肌の艶感も作り出せます。

西川美穂
これもいざ!という時に使えますね!ちょっとお高めだけどデートの時とか…♡
青色
確かに、今まではクマ消しと言えば、コンシーラだったけど、目の周りってファンデーションも塗るので、どうしても厚塗りになってしまうのよね。これもある意味、手だわ♪

3種類のクマの見合分け方

3種類のクマがわかっても自分がどのタイプかわからない人のために見分け方があります。

●青グマの見合分け方…鏡で自分の顔をまっすぐ見て、あっかんベーのように目を引っ張ってみます。その時完全にクマは消えないけれど薄くなったら「青グマ」

●黒グマの見合分け方…鏡を持って、上を向いた状態で自分に顔を鏡に映してみた時に クマが薄くなっていて、元のまっすぐ前を向いた状態で顔を見てやっぱりクマがあったら「黒グマ」です。

●茶グマの見合分け方…目を引っ張っても、上を向いてみても薄くならないクマは「茶グマ」です。

西川美穂
やっとはっきりわかりました~!やっぱり私は「青グマ」でした♪わかったらあとは対処法を実践したらいいんですね。
青色
うんうん!それぞれに効果がある対処法を試すのがいいのよ。

3種類のクマ別★セルフ対処法まとめ

クマ改善

顔のツボ画像

青グマ対処法

・睡眠不足解消
・湯船につかって血行促進
ウォーキング
・温冷湿布

温冷湿布

温かいタオルと冷たいタオルを用意して、交互に目の上に乗せて湿布します。温かさが目の周りの血行を良くし、リラックス効果も得られます。次に冷たいタオルを乗せます。冷湿布は血管を引き締めるのでこれを繰り返すことで新陳代謝UPに繋がります。

青クマの解消法としてTVでも紹介されました。

*温湿布は濡らしたタオルをレンジで1~2粉温めるだけです。冷たいタオルはあらかじめ濡らしたタオルを、ビニール袋に入れるかラップにくるんで冷蔵庫にいれておく。

*温かいタオルを目の上に置いて1分→冷たいタオルを目の上に置いて1分を1セットで5回続ける。
各1分/5セット×10分

眼精疲労改善ツボマッサージ

眼精疲労に効く「ツボ」があります。それぞれ、マッサージすることで目の疲れの回復に効果が期待できます。

1.こめかみのツボ「太陽」

指でやさしく、こめかみに円を描くようにマッサージする。温湿布を当ててマッサージするとより効果的です。

2.目頭のツボ「晴明」

目頭~目の周りにある骨に沿った感じでゆっくりやさしく3周してマッサージする。

3.眉頭のツボ「攅竹」

1秒でゆっくり優しく押して、1秒で離す。それを何度か繰り返してマッサージする。

 

4.目の下・目尻から1/4のところのツボ「球後(きゅうご)」

こちらもゆっくり押して、ゆっくり離すを繰り返します。パソコンやスマホを長時間使われる方にも効果的なツボです。

茶グマ対処法

・美白効果のスキンケア
・アイメイクオフの時は専用リムーバー使用
・ビタミンC摂取
・肌のターンオーバーを促進させる

目の下の皮膚のピーリング

茶グマは色素沈着が主な原因なので皮膚のターンオーバーを促進させてあげると効果的な対処法になります。それにはピーリングがおすすめです。ピーリングすることでコラーゲンを増やすことに働きかけ、化粧水などの浸透率もUPします。

ピーリングにはやさしくマッサージ効果もあるものがおすすめでジェル状のものがいいでしょう。

スキンケア

茶グマも美白効果のあるスキンケア商品がおすすめです。特にビタミンCやオールインワンのスキンケア商品で目の下のクマのところに指でやさしくトントンという感じでつけるといいでしょう。

黒グマ対処法

・肌のターンオーバーを促進させる
・むくみ改善(半身浴もおすすめ)

・目のたるみ改善
・顔の表情筋を鍛える

目の下の皮膚のピーリング

肌のコラーゲンを増やすと肌にハリもでてきます。黒グマは下まぶたが下がってそこに出来た陰がクマになっている状態なのでハリを持たせてあげることも大事です。

コラーゲンを増やすためには、ピーリングも効果的です。ピーリングすると肌のターンオーバーが促進されるといいます。目の下の皮膚はとてもうすいのでピーリングには「ジェル」状のものでやさしくマッサージのように使える物がおすすめです。

ツボマッサージ

【球後(きゅうご)】

目の下、目尻から1/4のところの球後というツボ(顔のツボ画像4)が黒グマに効きます。ここは目の小じわにも効くというのでおすすめです。ゆっくり優しく押すようにしましょう。

【瞳子髎(どうしりょう)】

目尻の端のほう(目尻から1cmほどのところ)にくぼんだところがあります。このツボ(顔のツボ画像5)が「瞳子髎(どうしりょう)」といいます。このツボがむくみ解消につながり、黒グマに効果的です。力を入れ過ぎずにゆっくり押します。

西川美穂
うちの母には黒グマの対処法を教えてあげようっと!親子で同じケアするところでしたよ~。
青色
私もクマに種類があるって知らなかったわし、勉強になったわ♪

目の下のクマ対処法はクマの種類別で行うのが大事

目のクマ

 

いかがでしたか。日頃から目の下のクマに悩まされている方は自分のクマの種類をまず知ってそれに合った対処法を行うことが一番です。簡単にできるツボ押しはおすすめです。

隠すより、まずは改善法を実践していきませんか?

青色
クマというとメイクで隠してしまえ!の人も多いかもしれませんね。でも隠すよりまずは簡単ケアをしてみましょう。
西川美穂
ツボってどこがいいのか知らなかったので、しかもちょっと押すだけってすぐできるしいいですよね!私も青グマとさよならしたいです!

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

目のクマ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

青色

青色

bitomos★ライターの青色♀です。
何度もページを開きたくなるような雑誌の様な記事を目指しています。
目を留めてくださった方の少しでも為になりますように
&bitomosを通して、どうぞご縁がありますように願っています♪*。

好きなもの♡音楽・映画・ファッション

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2017年夏のデートはここ!浴衣と素敵ヘアスタイルでお出かけ♪

  • 女性におすすめ禁煙後の変化★私はこうして成功した!実例ご紹介

  • 神戸フランツ「魔法の壺プリン」の食べ方★お取り寄せで絶品を味わう

  • 禁煙は女性に嬉しい効果がいっぱい★タバコの害はこんなにある!

関連記事

  • 絆創膏の貼り方を工夫すれば指先も剥がれない!正しく絆創膏を使おう

  • 太もも痩せ一週間チャレンジ!効果抜群のストレッチで毎日簡単ケア!

  • 夏こそ梅干しの効果が効く★健康&美容にいいおすすめレシピご紹介

  • 女性のモテる顔の特徴は?メイクや髪型でモテ顔を作る13のポイント

  • 重曹洗顔とパックの嬉しい3つの効果♡作り方やデメリットも徹底解説

  • 子どもの身長を伸ばすために実践したいこと☆高身長の人の習慣とは?