1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. ヤバい!失言したかも?後悔しないための対策と気持ちの切り替え方

ヤバい!失言したかも?後悔しないための対策と気持ちの切り替え方

 2024/02/24 ライフスタイル ビジネス
この記事は約 23 分で読めます。 96,152 Views

最近、何かとメディアに取り上げられることが多い「失言」。何気なく放った一言によって、信頼を失い、人間関係が壊れ、自分のキャリアや生活にも大きな影響を与えてしまう…。怖いですよね。

政治家や芸能人の皆さんは「発言を撤回します」の一言で失言をなかったことにしてしまいますが、私たちはそうはいきません。一度発した言葉を消しゴムで消してしまうことはできないのです。やってしまって後悔するよりも、失言を防ぐことのほうが大切ですよね。

前回の記事では、失言の多い人、失言しやすいシチュエーションを紹介しましたが、今回の記事では、失言をしないための対策、失言してしまったときの対処法、気持ちの切り替え方を伝授します。

なごみぃ
こんにちは!ライターのなごみぃです。

前回はbitomos編集部の岡田君から「失言が多過ぎる!」と責められてしまったので、今回は失言対策を勉強したいと思います。

岡田祐樹
ボクも失言で同僚の美穂ちゃんを怒らせてしまったので、二度と繰り返さないように今日はしっかり勉強します!
なごみぃさん、毒舌はホドホドにしてくださいね。

Contents

どうすれば失言を防ぐことができるのか?

失言が多い人は、自分が思っていることは、そのままの意味で相手に伝わると思っているかもしれませんが、それはちょっと傲慢な考え方です。

同じ言葉を投げかけても、相手の性別、年齢によって受け止め方が変わるのはもちろん、相手の立場、役割、価値観によっても変わってきます。自分の言葉は必ずしも自分の意図した通りに伝わっているわけではないということを覚えておきましょう。

言葉足らずな表現に注意!

  • 気心の知れた友人だから
  • 長年付き合っている恋人だから
  • 一緒に暮らしている家族だから

「自分の本音は理解してくれているはず」「全部言わなくてもわかるだろう」と、タカをくくっていると、知らず知らずのうちに相手を傷つけているかもしれません。普段は平気なそぶりをしていても、その時の状況や感情によって受け止め方が変わってしまうこともあるし、小さな棘を心に溜め込んでしまっていることだってあるのです。身内だからと言って言葉を省略したり、雑な言い方で会話を済ませるのは、ほどほどにしておきましょう。

なごみぃ
身近な人だとつい甘えちゃうんですよね。でも、身近な人だからこそ大事にしなきゃ!ですよね。

「コレ言っても大丈夫?」一旦頭の中で考えるクセをつける

失言する人は、思ったままをそのまま口に出して失敗することが多いんですね。「打てば響く」というようにポンポンと言葉を発するのではなく、「これを言ったら相手はどう思うのか?」「言った後、どうなるのか?」を頭の中で考えてから口に出すようにしましょう。「自分だったらこう思う」ではなく、「相手の立場だったらどう思うのか?」というように、相手の立場や価値観などに想像力を働かせることが大切です。

また、イライラしているときや自分のコンプレックスを指摘されたときなどは、感情に任せて思わぬ暴言を吐いてしまうものです。そんなときには、一旦深呼吸をして自分の感情の高ぶりを抑えてから発言するようにしましょう。

なごみぃ
「自分が話す」ということばかり考えていると、つい自分本位の発言になりがちです。相手の言葉にしっかり耳を傾けたり、相手の表情や仕草を観察しするクセをつければ、相手の思いを察することができるでしょう。

言葉の選び方に注意!ネガティブな表現は使わない

前述したとおり、同じ言葉でも相手によって受け止め方は変わります。

例えば、中年の男性に「貫禄がありますね」と言うのは誉め言葉になりますが、中年の女性に「貫禄がありますね」は、太っている、老けているというマイナスイメージで捉えられてしまいます。相手やその場所に相応しい言葉を選ぶように注意しましょう。

また、ネガティブ発言が多い人は、他人に対してもネガティブな言葉を選んでしまいがちです。普段からネガティブな言葉は使わないように心がけてみましょう。

岡田祐樹
物事は表裏一体っていいますからね。一つの事象でも必ずプラスの面とマイナスの面があるはずですよね。物事を色々な視点から眺めてみる必要がありますね。

議論や批判をする際には相手の人格を攻撃しない

時には相手と議論をしたり批判的なことを言わなければならないこともあるでしょう。言うべきことを、きちんと伝え、意見と意見を戦わせること自体は失言とは言いません。注意したいのは、議論が白熱するうちに相手の人格攻撃に発展してしまうことです。

批判や意見をするのは、あくまでも相手の意見や主張であって、相手の人格ではありません。その点には十分注意しましょう。

なごみぃ
「頭に血が上る!」なんて言いますが、議論で興奮してくると言わなくもいいことまで言っちゃうことがありますね。議論や批判の場では冷静さを保つように心がけましょう。

八方美人にならないように

「誰とでもいい関係でいたい」「他人との衝突はできるだけ避けたい」それはそれで良いのですが、相手によって主義・主張をコロコロ変えたり、へつらったりしていると、いつか発言に齟齬が出てしまいます。それを取り繕うとするときに失言が飛び出してしまうのです。八方美人がバレると信頼すら失ってしまいかねません。自分の意見はしっかり持った上で発言するようにしましょう。

岡田祐樹
ボクは平和主義者なんで、他人との衝突はできるだけ避けたいと思っていますが、あっちにもこっちにもいい顔したい訳ではありません。でも、その場その場で調子よく相手に合わせているだけだと、周囲から不信感を持たれちゃうので要注意ですね。

お酒の席、人が多く集まる場所では要注意!

前回記事の「酔っ払って気が大きくなる」の項でも説明しましたが、酒席での失言は、アルコールによって理性を司る大脳新皮質が麻痺してしまい、情動を司る大脳辺縁系への抑制が解除されてしまうことで起こります。

失言の原因が脳機能にあるため、自分の意志で制御するのはなかなか難しいものです。お酒に弱い人は、酔っぱらってしまう前に酒量をセーブするなどの工夫が必要です。ストレスが溜まっているとき、疲れているときなどは理性の働きが弱くなりますので、特に注意しましょう。

また、調子に乗りやすい人は、人が集まる場所や旅先などで気が緩みがち。普段より自分の発言を意識するよう心がけましょう。

なごみぃ
「お酒の力を借りて言いたいことが言えてスッキリした~」なんてこともありますけど、相手が取引先の方や上司だとしたら大問題になりますよね。失言は許してもらえても、自己制御ができない人という印象は残ってしまいます。

失言をしてしまったら…

失言

気をつけているつもりでも、ついうっかり言ってしまうのが失言です。「ポロリとでた失言にこそ、その人の本音が現われる」と思う人は多いのですから、その後の対応がマズければ、状況はますます悪化してしまいます。

最近では、稲田防衛相の都議選応援演説における「自衛隊からもお願いしたい」という発言が、大きな問題になりましたね。発言に対する批判はもとより、その後の対応の仕方ついても問題視されていて、ご本人の進退だけでなく、現政権に対する国民の信頼も揺らぐ事態へと発展しています。

例え失言をしてしまっても、リカバーの方法を間違えなければ、それ以上傷口が広がることはありません。失言してしまったときの対応方法を紹介しましょう。

軽い失言ならスルーするのもアリ!

失言の程度にもよりますが、「もしかして、イラっとさせちゃったかな?」程度の言葉なら、そのままスルーしてしまったほうがいい場合もあります。

例えば、会社の同僚、数人との会話で、

「子どもを産むことを考えたら、遅くても30代前半のうちに結婚したいよね~」と言ってしまった後に、すでに36歳になる独身女性が輪の中にいることに気づいた!

なんていうケース。

気づいた途端「ヤバい!」と思ってオロオロし始めたり、「あーでも、私なんてまだ相手もいないから、やっぱ30前半はムリかな~」とか、「●●さんは、仕事ができるから結婚なんて興味ないんですよね!」など、ヘタなフォローをしてしまうと、かえって傷口をえぐることになってしまいます。

人の記憶なんて、20分で約60%が忘れ去れてしまうのです。そのまま「気づかなかったフリ」でやり過ごしてしまえば、相手も「意味のない言葉」として忘れてくれる確率が高くなります。

逆に、ヘタにフォローしようとして、その人に注目を集めるような発言をしてしまえば、その発言に意味を持たせてしまうことになり、相手の中に「意味のある記憶」として焼き付いてしまいます。

こんなときには、素早く別の話題に切り替え、相手の記憶を上書きしてしまいましょう!上手なスルーテクも必要ですね。

なごみぃ
失言した本人より周りが気を使い過ぎて、ドツボにハマるケースもあるわね。
岡田祐樹
ですね。ボクもお節介しないように注意しなきゃ…。

とにかくすぐに謝る

失言したことに気づいたら、とにかく直ぐに謝罪しましょう。謝罪をするときのポイントは言い訳しないことです。

  • そんなつもりじゃなかった
  • 怒ると思わなかった
  • お酒のせいでつい…

こんな言い訳が先にたってしまうと、「誤解した私が悪いってこと?」「言葉の意味を理解できなかった私がバカだってこと?」というように、ますます相手を怒らせてしまうことになります。また、お酒のせいにしてしまうと、「やっぱり本心ではそう思っているのよね」と、思われかねません。

言い訳はせずに「先日は失礼なことを言ってしまい、申し訳ありませんでした」と言って、きちんと頭を下げましょう。

中には、「別に気にしてないよ」とか「そんなこと言ってたっけ?」と、大人の対応をしてくれる方もいるでしょうが、そこで安心して気を抜かないこと。「怒ってない?良かった~」なんてホッとした表情を見せてしまったら、「調子がいい人」「反省していないな」と思われてしまいます。

相手が許してくれたとしても、しばらくは神妙な姿勢を崩さないようにしましょう。失言の謝罪は大げさすぎるぐらいで丁度いいのです。

顔を合わせるのが気まずいからと言って、メールやLINEで謝罪を済まそうとする人がいますが、これはちょっと危険です。文章では細かなニュアンスが伝わらないので、誤解を大きくしてしまう可能性があります。特に相手が怒っている場合には、一方的に長文メールを送られてくることに拒否反応を示すこともあるでしょう。「謝罪は直に会って話すこと」これが基本です。

なごみぃ
どうしても時間が取れないときは、メールやLINEでも仕方ないけど、後からでも会って謝る機会を作ったほうがいいわね。

謝るべき?よくわからないときには

しばらく時間が経ってから自分の失言に気づいたり、相手が怒っているのかどうかよくわからないということもありますよね。怒らせてしまったのならちゃんと謝りたい、でも相手が忘れているならヘンに話を蒸し返さないほうがいいのかな?謝るべきかスルーしたほうがいいのか、悩みますよね。

そんなときには、ムリに謝らなくてもOKです。その代わり今まで以上にその相手とコミュニケーションをとるようにしましょう。お互いのことをもっと深く知り、相手に好意を持っていることを示せば、誤解はおのずと解けるはずです。もしも相手があなたとの会話に嫌な思い出を持っていたとしても、それを楽しい記憶で上書きしてしまえば、失言はなかったことにできますよね。

岡田祐樹
ボクは同僚の美穂ちゃんを怒らせちゃったので、今まで以上にコミュニケーションを密にすればいいってことですか?
なごみぃ
そうね。美穂ちゃん、実はそんなに怒っていないと思うよ。怒ったフリしてお詫びにランチでも奢らせようっていう魂胆ね、きっと。
岡田祐樹
仕方ない!ランチぐらい奢りますよ。失言の代償としては安いもんです。

失言から立ち直るー心の切り替え方

「たった一言の失言で友だちを失ってしまった」こんな経験をした人は、また失言をしたらどうしよう、いっそ誰とも話したくない…と、他人とのコミュニケーションに臆病になってしまうかもしれませんね。

そこまでひどくはないものの、その日一日の自分の言葉を思い返して「なんであんなこと言っちゃったんだろう」と自己嫌悪に陥ったり、「あの人、気を悪くしていないかな」と気に病んだりしてしまう人は、意外と多いようです。

その日一日を振り返る「一人反省会」は、失敗を繰り返さないという点では有効かもしれませんが、毎晩ネガティブな感情に包まれながら眠るのでは、ストレスの原因になってしまいますよね。もう少し上手く自分の心がコントロールできたら…と思いませんか?最後に失言から立ち直る心の切り替え方を紹介しましょう。

自分に自信を持つ

失言が気になって毎晩反省会をしてしまうのは、それだけ他人とのコミュニケーションを大事にしている証拠ですよね。そんな人は人間関係を壊すほどの失言はしないものです。まずは自分に自信を持ちましょう。

気になるのなら謝罪する

失言を心配している相手が近くにいるのなら、逃げずに謝ってしまいましょう。そうすれば、あなたの心は軽くなるはずです。

「謝るのもおかしい」と思うなら、前述したように相手とのコミュニケーションをもっと深めてみましょう。あなたが思っているほど、相手は気にしていないことに気づくことができるでしょう。

過去にとらわれない

失言が過去の出来事で相手が今身近にいないのなら、もう忘れてしまうのが一番です。「忘れられないから困っている」というのなら、心をコントロールする技術を身に付けましょう。

簡単なやり方としては「マインドフルネス瞑想」という方法があります。一人きりになれる静かな場所で、自分の呼吸に意識を集中してみてください。吸い込んだ息が身体のどこを通って、どうやって抜けていくのかを観察するのです。

雑念や悩み事などが頭に浮かんできたら、「悩み事」ではなく「悩み事を考えている自分」に気づきましょう。気づいたらそれを手放し、再び呼吸へと意識を戻します。

マインドフルネスとは、過去や未来のことは考えずに「今ここ」の現実に意識を集中することです。
思考や感情に流されずに、今の自分を客観視する。これを繰り返すことによって自分の心をコントロールする力が鍛えられ、ネガティブな感情を切り離すことができるようになります。

マインドフルネスについては、次回の記事で詳しく紹介します。興味がある人はぜひチェックしてくださいね。
「実感!マインドフルネスの効果★心の筋トレでストレスフリーな毎日を」

過去の出来事を忘れたい人は、こちらの記事も参考にしてください。
「忘れたい過去をきれいさっぱり忘れる方法-黒歴史はこう塗り替える!」

失言してしまったら後悔ではなく反省を!

後悔は、「過去の出来事を悔やむ」という意味ですが、過去を振り返るだけでは何も変わりません。クヨクヨと悔やむことはネガティブな感情ばかりが先にたち、未来に向かう気持ちも薄れてしまうでしょう。

反省は、「過去の出来事を顧みる」という点は後悔と同じですが、何が悪かったのかを考え、それを未来に活かすという意味合いが含まれます。

失言してしまったら、後悔しているだけじゃダメ!きちんと反省して新しい未来を切り開きましょう。

岡田祐樹
なごみぃさん、今回は失言はありませんでしたね。
なごみぃ
ちゃんと反省したからね。岡田君もしっかり反省してね。じゃないとイヤミ部長みたいになっちゃうわよ!
岡田祐樹
やっぱり一言多いんだよな、この人…。

補足

1. 失言を防ぐための意識

補足: 相手の背景や文化を理解する

「言葉は、投げた石のように、一度発したら取り戻せません」—この言葉を胸に刻んで、失言を防ぐための意識を高めましょう。特に異文化間でのコミュニケーションにおいては、相手の背景や文化を理解することが不可欠です。例えば、日本では謙虚さを表すために自己評価を下げる表現が一般的ですが、西洋文化では自信と成果を前面に押し出すことが奨励されることがあります。このような違いを理解していないと、意図せず相手を不快にさせてしまう可能性があります。

異文化間での失言事例を見てみましょう。ある日本人ビジネスマンが、アメリカのパートナーに対して「私たちはまだ小さい会社ですから」と謙遜したところ、アメリカ人パートナーは「彼らは自社のサービスに自信がないのかもしれない」と誤解してしまいました。このような誤解は、相手の文化的背景を理解し、言葉を選ぶ際にその文化を尊重することで防ぐことができます。

相手の文化や価値観を学び、理解する努力をすることで、言葉の壁を越えた真のコミュニケーションが可能になります。言葉一つ一つを慎重に選び、相手の立場に立って考えることが、失言を防ぎ、信頼関係を築く第一歩となるのです。

2. 言葉足らずな表現に注意

補足: 具体性が欠けた表現の落とし穴

「簡潔は美徳」と言われますが、コミュニケーションにおいてはその簡潔さが誤解のもとになることも。特に、仕事の指示においては、曖昧な表現は避けるべきです。たとえば、あるプロジェクトリーダーがチームメンバーに向けて「このレポート、もっと良くして」というフィードバックをしたとします。この「良く」とは具体的に何を指すのでしょうか?データの精度を上げること?読みやすさを改善すること?それとも全く別のアプローチを求めているのでしょうか?

このような指示の不明瞭さが、結果的にプロジェクトの遅延や、チーム内の不満を引き起こす原因となります。メンバーは何を期待されているのか理解できず、リーダーは期待に応えられない結果に失望するという悪循環に。だからこそ、指示を出す際には、「具体的にどの部分をどのように改善してほしいのか」を明確に伝えることが大切です。

身近な人とのコミュニケーションでも同じことが言えます。「もっと気を使って」と言われても、どうすればいいのか戸惑うばかり。ここで大切なのは、「どの行動が相手を不快にさせたのか」「どのような変化を望んでいるのか」を具体的に伝えること。言葉を省略することで相手に余計な想像をさせ、誤解を生むことのないよう、心がけましょう。

3. 「コレ言っても大丈夫?」一旦頭の中で考える

補足: 言葉を発する前のマインドセット

「口は災いのもと」という古言が示すように、一度発した言葉は取り消すことができません。だからこそ、言葉を発する前には一旦立ち止まり、自己反省の時間を持つことが重要です。この習慣を身につけるために、マインドフルネスや瞑想を取り入れた思考の整理法が効果的です。

例えば、重要な会議やディスカッションの前に、数分間のマインドフルネス瞑想を行うことで、心を落ち着け、自分の感情や思考を客観的に観察することができます。この時、自分がこれから伝えようとしている言葉が、本当に相手にとって有益なものか、または不必要に傷つけるものではないかを、冷静に考える機会を持ちましょう。

実践的な方法としては、「言葉を発する前に深呼吸をする」「言いたいことを心の中で3回繰り返してみる」「相手の立場に立って、その言葉を受け取る自分を想像する」などがあります。これらのシンプルな習慣が、自分の言葉に対する責任感を高め、失言を防ぐ上で大きな力となります。

「コレ言っても大丈夫?」と自問自答する瞬間は、単なる思考の停止ではなく、自己成長への一歩となります。言葉一つひとつに意味を持たせ、相手に対する敬意を示すことで、より深い信頼関係を築くことができるのです。

4. 言葉の選び方に注意!

補足: ポジティブな言葉選びがもたらす変化

「言葉は、心を映す鏡」とも言われますが、それは言葉が持つ力が、私たちの心だけでなく、周囲にも大きな影響を与えるからです。ポジティブな言葉を選ぶことは、単に気持ちを明るくするだけでなく、相手との関係や成果にも好影響を及ぼします。

科学的な研究によれば、ポジティブな言葉は聞く人の脳に刺激を与え、ストレスの軽減や創造力の向上につながることが示されています。例えば、仕事のフィードバックで「これが足りない」「ここがダメだ」とネガティブな指摘をする代わりに、「ここが良かった。さらにこの部分を伸ばしていこう」という形で伝えることで、受け取る側のやる気や自信を引き出すことができます。

実生活での変化の事例として、ある学校で教師が生徒たちに対する言葉遣いをポジティブなものに変えたところ、生徒たちの学業成績が向上し、クラス全体の雰囲気も改善したという報告があります。このように、ポジティブな言葉選びは、相手に対する敬意と信頼を示し、相手の潜在能力を引き出す力を持っています。

ですから、「これは無理かな…」と思ったときでも、「これを乗り越えられたら、どんなに素晴らしいだろう!」という視点で言葉を選ぶことが大切です。ポジティブな言葉選びは、相手だけでなく自分自身の心にも明るい光を灯すことを忘れないでください。言葉一つで世界は変わります。あなたの言葉で、より良い変化を起こしましょう。

5. 議論や批判をする際には相手の人格を攻撃しない

補足: 建設的批判と破壊的批判の境界線

議論や批判は、成長と発展のための貴重な機会です。しかし、その際には、相手の人格や尊厳を尊重することが重要です。建設的な批判は、問題の解決やアイデアの改善を目的としており、相手の成長を促します。一方、破壊的な批判は、相手を傷つけ、関係を悪化させることが多いのです。

建設的な批判と破壊的な批判の違いを明確にするための実際の議論の事例を見てみましょう。あるチームでのプロジェクトの進捗会議で、一人のメンバーが提出した提案について、チームリーダーが「このアイデアは全く使えない。もっと現実的な提案をしてくれ」と批判した場合、これは破壊的な批判となり、提案したメンバーの意欲を削ぎます。しかし、リーダーが「このアイデアには面白い要素がある。ただ、実現性を高めるためには、これらの点をもう少し詳しく検討する必要があるかもしれないね」とアプローチすれば、これは建設的な批判となり、メンバーは改善に向けて励まされます。

議論の中で人格攻撃を避け、意見の相違を尊重するには、次のようなポイントを心がけましょう。まず、批判は常に具体的な行動や提案に対して行い、個人の特性や能力への言及は避けます。また、批判の際には、改善のための具体的な提案や代替案を提供することで、批判が建設的なものとなります。さらに、批判をする前には、相手の立場や感情を理解しようとする努力も大切です。

議論や批判は、お互いを尊重し、共に成長するための手段です。相手の人格を尊重し、建設的な批判を心がけることで、より良い関係を築きながら、共に目標に向かって前進することができるのです。

6. 八方美人にならないように

補足: 信頼を築くための一貫性

「誰にでも良い顔をする」という八方美人の姿勢は、一見すると円滑な人間関係を築くように思えますが、実はその逆。一貫性のない態度は、長期的には信頼性の低下を招くという研究結果があります。例えば、ある人が上司には従順である一方で、同僚や部下には厳しい態度を取る場合、この二面性はやがて周囲に認識され、信頼を失う原因となります。

信頼を築くためには、一貫性のある意見を持ち、それを貫くことが重要です。たとえば、あるチームリーダーがプロジェクトの方向性に関して一定の基準と価値観を持ち、その上で意見を述べる場合、たとえその意見が時には厳しいものであっても、その一貫性はチームメンバーからの信頼を得ることにつながります。逆に、状況に応じて意見を変え、常に周囲の同意を求めるような態度は、自己の意見に自信がないと見なされ、信頼を築くことが難しくなります。

八方美人の行動がもたらす長期的な信頼性の損失に関する事例として、ある企業で異なる部署間で意見が分かれた際に、中立を装いつつ実際には都合の良い側にだけ情報を提供していた社員がいたケースがあります。この行動は最終的に発覚し、その社員は両方の部署から信頼を失い、重要なプロジェクトから外される結果となりました。

このように、一貫性のある意見を持つことは、短期的には難しい選択を迫られることもありますが、長期的には自分自身の信頼性と尊重を築く基盤となります。自分の価値観に基づいて意見を表明する勇気を持ち、八方美人にならないよう心がけましょう。

8. 失言をしてしまったら…

補足: 謝罪の技術とその実践

「謝ることは、強さの証」という言葉があります。心からの謝罪は、単に過ちを認める行為以上の意味を持ちます。ここでは、謝罪の技術について掘り下げ、どのようにして謝罪を受け入れられやすくするかについて詳しく解説します。

謝罪の言葉選びにおいては、「でも」「しかし」といった言葉を使わずに、直接的に謝罪することが大切です。例えば、「遅刻して申し訳ありませんでした。でも、交通渋滞が…」と言うのではなく、「遅刻してしまい、申し訳ありませんでした。今後は余裕を持った時間管理を心がけます」と述べる方が、相手に誠実さが伝わります。

また、謝罪のタイミングも重要です。失言をしてしまったら、可能な限り早く謝罪するべきです。時間が経つほど、相手の不快感は増す一方です。実際の事例として、ある営業マンがクライアントへのプレゼンテーション中に不適切な表現を使ってしまいましたが、会議終了後すぐに個別に謝罪し、その誠実な態度が評価され、結果として信頼関係が深まったケースがあります。

心からの謝罪とは、自分の過ちを真摯に受け止め、相手の気持ちを考慮した上で、改善の意志を示すことです。謝罪をする際には、目を見て話す、声のトーンに注意するなど、非言語的コミュニケーションにも気を配ることが重要です。

最後に、謝罪は、過ちを正し、関係を修復するための第一歩です。謝罪した後は、その言葉に責任を持ち、再発防止に努めることが、本当の意味での謝罪と受け入れにつながります。誠実な謝罪は、時に関係をより強固なものにすることもあります。謝罪の技術を身につけ、人間関係を大切にしましょう。

9. 失言から立ち直るー心の切り替え方

補足: 自己受容と前向きな心の持ち方

失言からの立ち直りは、自己受容から始まります。自分の完璧さを求めるのではなく、ミスを犯すことも人間であることの一部として受け入れることが大切です。この心理学的アプローチは、自己批判のサイクルを断ち切り、自己成長へと繋がります。

実生活で自己受容と前向きな心の持ち方を実践し、ポジティブな変化を経験した人々の事例を紹介しましょう。あるマネージャーは、重要なプレゼンテーション中に不適切なジョークを言ってしまい、その場にいた人々を不快にさせてしまいました。初めは深く落ち込んだ彼ですが、この経験から学びを得ることを選択し、自己受容のプロセスを通じて、より思慮深いコミュニケーションの方法を学びました。彼は後に、この経験が自分をより良いリーダーに変えたと公言しています。

自己受容を促進する方法としては、日々の小さな成功を記録することが有効です。これは、自己肯定感を高め、過去の失言に対する固執を減少させる効果があります。また、失言をした際には、その経験から何を学べるかを考え、前向きな行動計画を立てることが重要です。これにより、過去の失敗を未来の成功に変えることができます。

前向きな心の持ち方を培うためには、マインドフルネスや瞑想など、自分の思考や感情を客観的に観察する練習も有効です。これらの練習を通じて、自分自身に優しくありながら、失言を含む過去の経験を受け入れ、それを成長の機会として利用する方法を学びます。

最終的に、失言から立ち直るプロセスは、自分自身との関係を深め、より強くて寛容な自己像を構築する旅です。自己受容と前向きな心の持ち方を通じて、失言を乗り越え、自己成長の糧とすることができるのです。

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

なごみぃ

なごみぃ

こんにちは!商品のプロモーションやイベント企画の仕事に長く携わってきたので、トレンドには敏感!(でいたい)です。「なぜなぜ?どうして?」と根掘り葉掘り知りたいタイプなので、気になった情報はトコトン掘り下げて紹介します!⇒詳しくはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • パートの面接・採用を辞退したい!角が立たない大人の断り方とは

  • 雑談でスベらない鉄板ネタはコレ!会話の糸口に使える小ネタのまとめ

  • 子どものホワイトデーどうする?友チョコのお返しに手作り♡お菓子を

  • 一汁一菜の意味は?土井善晴さんが提案する家族のための愛情レシピとデメリット

関連記事

  • 端午の節句のおもてなし料理☆こどもも祖父母も喜ぶアイディアレシピ

  • パート面接に受かるコツ!<9>カバンや靴など小物のチェックポイント

  • 気になる汗の臭い対策は?しっかり防いで夏を思いっきり楽しもう♪

  • 理想の嫁の特徴って?夫に「褒められない妻」を抜け出す5つの方法

  • カレーに隠し味を入れよう!市販ルウでも手軽に本格的なプロの味に♡

  • 洗濯物を早く乾かす10の方法!これで梅雨も乗り越えられる♪