1. TOP
  2. 白髪が治る食べ物はこれ!原因を知って増やさない対策をしよう

白髪が治る食べ物はこれ!原因を知って増やさない対策をしよう

 2017/09/19 美容 健康
この記事は約 13 分で読めます。 1,020 Views
mika
「教育ママで何が悪い」をモットーに子育て奮闘中。主婦の目線で気になったこと&実践したこと等を発信して行きます!リアルな声を通して、少しでも共感したりお役に立てると嬉しいです。⇒詳しいプロフはこちら

20代や30代の女性でも意外と白髪に悩む人は多いものです。もちろん今の時代、手軽に白髪を黒く染められるアイテムは多数開発されていますが、定期的に染め続けることで髪や頭皮のダメージも気になるところ…。

しかし1本あるだけで、うんと老けてみられてしまう白髪。今回は、そんな女性にとっての大敵である白髪が気になる方におすすめしたい食材をご紹介します。これを食べれば、以前のような黒髪が蘇るかも知れませんよ!

mika
堀越編集長…。あまり大きな声では言えませんが、最近日に日に増えてきている白髪に悩まされているんです。
 
bitomos編集長
mikaさん、確かに少し目立つね…。白髪1本で、なんと7歳も老けてみられてしまうという調査結果もあるみたいよ!
 
mika
え!そんなにも!せっかくお肌やファッションに気をつかっても、これじゃあ台無しですね!

白髪はなぜできる?

髪は、頭皮の中にある「毛球部」という部分で作られており、実はその時点ではまだ髪に色はついておらず、白い髪の状態です。その後の過程の中で色素細胞で作られたメラニン(黒い色素)が髪に混ざることで、黒や茶などの色を持って生えてくるというわけです。
しかし何らかの理由で色素細胞の中でメラニンが作られなかったりすると、色素がない状態で髪の毛が作られていまい、生えてくるのが白いままの毛、つまり「白髪」と呼ばれる髪になるのです。
白髪の原因は人によって様々ですが、主な原因は以下の通りです。
・老化
・遺伝
・栄養不足や睡眠不足
・ストレス
・病気や薬の副作用
bitomos編集長
よく間違われやすいのが、既に生えている黒髪が白髪に変わるということ。髪が白くなるのか、黒くなるのかは生える前段階で決まっていて、生えてから色が変化することないんだって。
もし、一気に増えたように感じたのなら、ストレスを受けた際に作られた髪が同時期に伸びてきた…ということになるね!
 
mika
髪は通常1ヶ月で1~1.5cm伸びると言われているので、逆算してそのころの精神状態を振り返ってみるといいかも知れませんね。

白髪を黒髪に治すことはできる?

先ほど、お伝えしたように、黒く生えてきた毛が白く変わることがないように、白く生えてきた毛が黒く変化することは通常ありません。
しかし白髪の主な原因である、色素細胞の中でメラニン色素が作られなくなるという問題点を解決することが出来れば、一度白髪が生えてきてしまった毛根からでも黒髪を取り戻すことが可能になるのです。
そこで、今回考えたいのは身体の内側からのケアです。髪というと外側からのケアを気にしがちですが、髪も私たちの身体の一部であり、血液から作られます。白髪染めのヘアカラーやシャンプーも時には役立ちますが、根本的な解決にはなりません。毎日の食事から色素細胞がメラニンを作るのに必要な栄養素を摂り入れ、黒髪を復活させましょう!
 
mika
白髪になったからと言って、諦めなくても良いのですね♪

白髪を見つけたらどうしたら良い?

白髪を見つけたら、思わず抜いてしまっている…」という人も多いのではないでしょうか?

先ほどの白髪が生えるメカニズムを考えれば、抜いてもその場しのぎにしかなりません。さらに、抜くことで毛穴周辺の皮膚や毛細血管に傷をつけ頭皮の炎症を起こしてしまうケースもあります。

繰り返し抜くことで、ダメージを与え、髪の毛そのものが生えてこなくなってしまうことも。根本的な解決にはなりませんが、白髪を見つけたら抜くではなく、「切る」もしくは「染める」ようにしましょう。

そして即効性はありませんが、根本的に治したいのならば、食生活から見直してみることをおすすめします。今回は白髪に有効とされる食べ物と、その反対に白髪の原因となりやすい食べ物のご紹介をしたいと思います。

白髪に効果あり!食べ物厳選5品目

1.黒ゴマ

 
あんな小さな粒からは想像がつきませんが、黒ゴマにはビタミンEやビタミンB1、ビタミンB2にタンパク質、銅、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、食物繊維、マンガン、セサミンなど栄養素がたっぷり含まれています。これらの栄養素はメラニン色素の欠乏を防いでくれるので、髪の毛を黒くしてくれます。
さらに黒ゴマに含まれれる抗酸化物質ゴマリグナリンが、ツヤのある髪に導いてくれると言われています。ぜひ毎日の食事に摂り入れたいですね。
mika
黒ゴマなら何でもいいのでしょうか?
bitomos編集長
いりごまは表面が硬く消化されにくいため、すりゴマや黒ゴマペーストを選ぶといいよ。せっかくの豊富な栄養素、しっかり吸収しよう!

2.海藻類

小さい頃、「髪がきれいになるから海藻を食べなさい」と言われたことはありませんか?まさにその通りで、海藻にはヨードという成分が含まれており、この成分がメラニンを作るために重要な色素細胞(メラニサイト)の動きを活性化させてくれます。
さらに海藻に豊富に含まれるミネラルが髪にコシやハリを与えてくれます。海藻エキスを含んだシャンプーも作られているくらい、髪にとってはありがたい食品ですね。
mika
海藻と言われても、サラダかお味噌汁の具くらいしかレシピが思いつきません…。
bitomos編集長
大丈夫。昆布だしなどの調理したエキスにもヨードは含まれているので、料理の幅が広がるよ♡
mika
そっか!じゃあ煮物やだし巻き卵など和食中心に考えれば良さそうですね。

3.チーズ

 
メラニン色素が不足する原因の1つとしてチロシンの低下が挙げられます。あまり聞き慣れない言葉ですが簡単に言うと、チロシンは私たちの血中に元々備わっている分子であり、メラニンの元となる原料です。しかし貧血など何らかの原因でチロシンが不足してしまうと、メラニンが作られなくなり、結果白髪が作られてしまうという訳です。
そのチロシンは食べ物から摂取することが可能です。チロシンを多く含む代表的な食べ物としてチーズが挙げられます。チーズは100gあたり1.000mg以上のチロシンを含んでいます。チロシンは1日あたり500mg~2.000mg程度の摂取を推奨されているので、チーズを50~200g摂取できれば、白髪対策に期待ができますね。
bitomos編集長
髪は寝ている間に作られるの。チロシンは摂取後2時間で血中濃度のピークを迎えるので、寝る2時間前にチーズを食べるのが効果的だよ。
mika
ダイエット中なので、夜6時以降は食べないようにしていたのですが…。

4.牡蛎

牡蛎は「海のミルク」とも言われるほど栄養が豊富であり、中でも髪を元気にするために欠かせない亜鉛がたっぷり含まれています。まだまだ白髪については解明されていない部分が多くありますが、白髪に比べ黒髪は多くの亜鉛を含んでいることが明らかであるため、髪を黒くするためには亜鉛が必要だと考えられています。
またメラニン色素の元となるチロシンですが、メラニン色素を作るためにはチロシナーゼという栄養素が必要不可欠であり、このチロシナーゼの材料になるのがなのです。
つまり銅→チロシナーゼ→チロシン→メラニン色素
という順序が成り立ち、おおもととなる銅が不足すると黒髪は作られません。
牡蛎はたった2個で、1日に必要な銅を摂取できてしまうくらい栄養価の高い食品です。
 
mika
黒 髪1本作るのにも色々な栄養が必要なんですね。
 
bitomos編集長
そう!しかも、これらの亜鉛や銅は私たちの体内では作ることができないから、食品から摂取する必要があるんだって。

5.生姜

 

 

生姜を摂取すると身体がポカポカしてきますが、それは生姜に含まれる成分が血管を拡張させ血行を良くしてくれるからです。血行が悪いとせっかくの栄養が頭皮まで行き届かなくなり白髪の原因となってしまいます。身体をしっかり温め頭皮の血行を良くし、健康的な黒髪を目指しましょう。
ただし生姜は摂取の仕方によって成分が変わってしまうため注意が必要です。生の状態の生姜にはジンゲロールという成分が含まれており、こちらの成分は逆に身体を冷やしてしまうことがあります。
しかし、生姜を加熱することでジンゲロールはショウガオールという身体を温めてくれる成分に変化します。加熱以外にも乾燥している生姜でも同じ作用が期待できるので、白髪対策には加熱したものか、乾燥した生姜を使用するようにしましょう。
  
mika
生姜紅茶なら手軽に続けられそうです!

白髪の原因になりやすい食べ物

髪の毛は身体の中で1番最後に栄養が回ってくる部位です。しっかり栄養を届けたいものですが、逆に食べることで妨げになってしまう食べ物もあります。白髪が気になっている際は、意識しましょう。

1.甘いもの(糖分)

女性は甘いものが好きな人も多いのではないでしょうか?しかしこれらの食べ物は、様々な理由から髪にとっても大敵となり得ます。
 

bitomos編集長
炭水化物やアルコールにも糖分が多く含まれているから要注意よ。

◆糖分の過剰摂取が髪に与える影響

成長ホルモンの分泌を阻害する。※アメリカのある調査において、糖尿病の患者は健常者に比べてはるかに多くの白髪を持っている人が多いことが実証されています。

血中濃度が高くなる。皮脂腺が刺激されて、頭皮から多くの皮脂が出るようになる。→毛穴を詰まらせたり炎症の原因になって毛根部分にダメージを与える。(白髪が発生しやすくなる。)

中性脂肪を増やすことに繋がり、血液がドロドロになる→血行不良により髪に栄養が届きにくくなる。

mika
こんなに列挙されたら、甘いもの食べるの、気が引けちゃいますね…。

2.刺激物

刺激物を食べて、胃の痛みを感じた経験がある人も多いのではないでしょうか。この刺激物は、胃や腸などの消化器系に影響を与えます。

この消化器系が弱ってしまうと、せっかく身体に摂りいれた栄養を正常に消化できずに、吸収しにくくなってしまうのです。そうなると当然、髪にも栄養が行き届きません。

ただし、辛い食べ物も適度な量であれば、身体を温めて血行を促進してくれる効果も期待できます。適度な刺激&量を摂り入れるようにしたいですね。

3.身体を冷やす食べ物

身体が冷えると血管が収縮されてしまう為、血行が悪くなります。そうなると、血液が臓器を温めようと身体の中心に集まる為、末端に血液がいかず髪に栄養が届かなくなってしまうのです。

トマトやキュウリ、とうもろこし等の夏が旬であったり、バナナやパイナップルといった、南国で収穫される食べ物には身体を冷やす作用があることを知っておきましょう。

食べ方にも気をつけよう!

綺麗な髪に欠かせない成長ホルモンは、実は食事の仕方によっても分泌量が変化します。ある大学の研究によるとこの成長ホルモンは最後に食事をしてから13時間後に上昇が始まるするそうです。つまり3度の食事のに加えて間食などもひっきなしにダラダラと食べ続けていると、成長ホルモンが上昇する機会を失ってしまっているということになります。

食べて消化して吸収することはもちろん大切なことではありますが、身体にとっては疲れる行為でもあるのです。それほど空腹でないのにたくさん食事をしたり、胃腸を働きっぱなしにすることは良くありません。腹8分目が良いと言われるのもよく分かります。

髪の為に積極的に作りたいレシピ

昆布が主役♡豚肉の昆布巻き

【材料】2人前
・日高昆布 30g
・豚肉(薄切りや切り落としなど)600g
・醤油 大さじ1
・塩 少々
・タコ糸
【手順】
1.昆布を1時間ほど水に浸けて戻します。※昆布だしとしてだし汁も使用します。
2.昆布を巻きやすい大きさに切り、豚肉に塩をふります。
3.昆布の上に豚肉を2枚ずつのせて、くるくると巻き、はがれないようにタコ糸で縛ります。
4.鍋に3を並べ、醤油と1のだし汁を昆布の半分の高さまで加えます。
5.蓋をして火にかけ、10分経過したら蓋を開けて火を強め、煮汁を飛ばして出来上がりです。

おつまみにもどうぞ♡牡蛎のキムチ炒め

引用:レシピブログ「牡蛎とキムチのさっと炒め 」

【材料】2人前
・牡蛎 10個
・白菜キムチ 大さじ6
・ゴマ油 小さじ2
・醤油 小さじ2
・炒りゴマ 大さじ1/2

【手順】
1.牡蛎を良く洗い、水気を切っておきます。
2.フライパンを熱し、ゴマ油で白菜キムチを炒めます。
3.牡蛎を加えて炒め、牡蛎に火が通ったら醤油を鍋肌から入れ、炒りゴマをふって出来上がりです。

黒ゴマたっぷりプリン♡黒ゴマソースをかけて召し上がれ

【材料】2人前
■プリン液
・卵 1個
・黒練りゴマ 10g
・砂糖 20g
・牛乳 150g
■黒ゴマソース
・黒練りゴマ 大さじ1
・砂糖 小さじ1/2
・水 小さじ1
【手順】
1.ボウルに卵を割り入れ、泡立て器でよく混ぜます。
2.1のボウルに黒練りゴマ・砂糖・牛乳を加え、裏ごしして耐熱容器に注ぎます。
3.約15分程蒸します。お好みの固さになるよう、蒸し時間は調整してください。
4.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。
5.砂糖と水を混ぜ、シロップを作ります。
6.黒練りゴマ大さじ1と5で作ったシロップを小さじ1を混ぜ合わせ、黒ゴマソースを作ります。
7.冷やしたプリンに黒ゴマソースをかけて出来上がりです。

何十年後もきれいな髪でいよう!

白髪は自然な老化現象であるため、残念ながら完全になくすことは不可能でしょう。しかし、意識次第で白髪を出来にくくする頭皮にすることは可能だと言えます。

女の命とも揶揄される髪。今回の食材を中心としたバランスの良い食事を摂取し、何十年後もきれいな髪を保ち続けたいですね。

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

mika

mika

「教育ママで何が悪い」をモットーに子育て奮闘中。主婦の目線で気になったこと&実践したこと等を発信して行きます!リアルな声を通して、少しでも共感したりお役に立てると嬉しいです。⇒詳しいプロフはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • 子供のおねしょ&夜尿症、いつまで平気?ママに出来る対策を考えよう

  • 白髪が治る食べ物はこれ!原因を知って増やさない対策をしよう

  • bitomosライター mikaのプロフィール

  • ドライフラワー向きの花ってどんな種類?簡単な作り方でアレンジも♪

関連記事

  • 意外と多い大人の人見知りの克服方法★原因分析と心がけで改善しよう

  • 砂糖断ちがもたらすダイエット効果とは?肌も綺麗になるって本当?

  • 紫外線が人体に及ぼす5つの悪影響!しっかり対策して自分を守る

  • デリケートゾーンの臭いの原因は?対策を知れば彼との夜はもう安心♪

  • 蚊に刺されないための対策まとめ!ポイントは「蚊の生態」を知ること

  • 美髪は7難隠す!?自宅でできる簡単ヘアケアで艶髪を手に入れよう♡