1. TOP
  2. 高齢出産のリスクを知ろう!経産婦だと障害が出る確率が変わる?

高齢出産のリスクを知ろう!経産婦だと障害が出る確率が変わる?

 2017/06/23 健康 ライフスタイル
この記事は約 11 分で読めます。 1,066 Views
マリモ
鬱病から大復活!音楽・美容・動物が好き!宇宙とかUMAとかも好き。私の経験全てを活かして面白い記事を書いていきます。私の記事で1人でも多くの人がが何か感じてくれたら幸いです。⇒詳しいプロフはこちら

最近、高齢出産する女性がとても増えているように感じます。芸能界でも、高齢出産をした女性がどんどん出てきていますよね。

結婚する年齢が高くなってきて、高齢出産をする女性はこれからも増えていくと予想されています。高齢出産には、若くで出産するよりもリスクが高まってしまうと言われています。

これから高齢出産をしようと考えている女性の皆さん、高齢出産のメリットやデメリット、リスクをしっかり勉強して、出産を乗り越えてくださいね!

マリモ
堀越編集長、私このままいくと結婚が30歳過ぎそうです。となると、高齢出産になりそうです。ちょっとリスクが怖いんですよね。
bitomos編集長
確かに、リスクのことは知っておいたほうが良いかもね。ちょっと調べてみようか!

高齢出産って何?

「妊婦 フリー画像」の画像検索結果

これから妊娠をして出産したいと考えているけれど、自分の年齢が高齢出産に当たるか分からないとか、高齢出産の何が悪いのか良いのか分からないという人のために、高齢出産について詳しく解説していこうと思います。

高齢出産って何歳から?

日本産科婦人科学会では35歳以上で出産することを高齢出産と定義しています。 以前は30歳以上での出産を高齢出産としていました。ですが女性の卵子は30代前半から衰え始め、35歳を過ぎると出産のリスクが高まるということで、1993年に高齢出産の年齢が35歳以上へと変更されました。

マリモ
35歳って若い気がしますが、高齢出産になるんですね。リスクが増えるのであればちょっと怖いですよね。
bitomos編集長
私も気づいたらもう35歳!同い年の友達と会うと、「もう私たちも高齢出産って言われる年齢かぁ…」って話になるよ。

高齢出産は年々増えている

以下の表をご覧ください。

引用元:厚生労働省「人口動態統計(確定数)の概況」

こちらは厚生労働省の「人口動態統計(確定数)の概況」に添付されている統計表の中にある「第4表 母の年齢(5歳階級) 出生順位別にみた出生数」です。赤枠で囲んでいるところが高齢出産にあたる部分です。これを見ると、高齢出産をしている女性が年々増えているということが分かります。

マリモ
晩婚化はもちろん大きな原因ですが、結婚していても夫婦の時間を楽しみたいということで高齢出産を選択する人も多いようです。リスクがあるとよく耳にする高齢出産ですが、それでも高齢出産をする人が増えているから驚きです。

高齢出産のメリットはあるの?

リスクが多いと言われている高齢出産ですが、実はメリットもいくつかあります。35歳を過ぎている女性というのは、若い人よりも人生経験が豊富です。経済的にも若い頃よりか余裕があるでしょう。

ですから、余裕をもって出産準備・出産ができると言われています。それから、妊娠により女性ホルモンが分泌されるので若々しさを保つこともできるようです。

マリモ
海外の大学の研究によると、40歳以上で子供を出産すると、子供の怪我や肥満の割合が低いということです。また40歳代で出産をした女性は長生きする傾向もあるそうですよ。
bitomos編集長
たしかに、ママ友で40代初産のママもたくさんいるけど、みんな若々しくてきれい♡私より年上って聞いてびっくりしたこともたくさんあるよ!

高齢出産のリスクについて

「腹痛 フリー画像」の画像検索結果

では、一番気になるところである高齢出産のリスクについて解説していきます。

1.ダウン症などの障害を持った生まれる確率が上がる

出産する年齢が若くても、障害を持った子供が生まれることはもちろんあります。ですが、以下のグラフを見ると分かるように、出産の年齢が上がると共に、ダウン症などの染色体異常による障害がでる確率が上がっていきます。

画像引用元:出生前診断情報センター

これは、「卵子の老化が染色体に異常をきたすことがある」ということが原因と言われています。

マリモ
染色体異常が起こった場合、20%は父親由来、80%は母親由来ということです。父親よりも、母親の年齢が高いと染色体異常が起きやすいんですね。また高齢出産が初産でも経産婦でもダウン症の確率はさほど変わらないようです。

2.妊娠中の病気が増える

高齢で妊娠すると、若くで妊娠している人よりも病気になりやすかったり、体が疲れやすくなるということが分かっています。特に高齢で妊娠した場合「妊娠高血圧症候群」になりやすいので注意が必要です。

妊娠高血圧症候群というのは、妊娠20週以降・分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のことを言います。妊娠高血圧症候群になる原因ははっきりと分かっていませんが、35歳以上で発症率が高くなり、40歳以上になるとさらに発症率が上がります。

妊娠高血圧症候群はお母さんと赤ちゃんに多くの合併症を起こすことがあります。自覚症状を感じにくい病気ですが

  • 頭痛
  • 倦怠感
  • ねむ気
  • おしっこの量が減少
  • 急にむくむ
  • 子宮が収縮する

というような症状を感じた場合、妊娠高血圧症候群の可能性があるのですぐに病院を受診するようにしましょう。

3.流産しやすくなる

高齢出産の場合、流産する確率が高くなると言われています。流産というのは「妊娠22週より前に妊娠が終わること」を言います

さらに妊娠12週までに流産することを「初期流産」と言います。初期流産の原因は卵子の質が落ちることで、染色体異常が起きることが原因です。

そして妊娠12週以降から22週未満に起こる流産のことを「後期流産」と言います。後期流産は子宮筋腫・子宮奇形・子宮頸管無力症・細菌感染・過度な運動・ストレスなど母体が原因となります。特に子宮筋腫は35歳以上の女性4人に1人がなると言われています。

マリモ
高齢になるにつれて卵子の質も落ちてしまうし、子宮筋腫にもなりやすいので流産しやすくなってしまうのですね。
bitomos編集長
そうそう、流産の話は若いころより聞く頻度が高くなってきた気がするよ。

4.難産になりやすい

高齢出産の場合、子宮頸管が柔らかくなず、子宮口もなかなか開きません。ですから赤ちゃんがなかなか出てこれず、難産になりやすいと言われています。一概に難産になる!と決めつけることはできませんが、実際に若い時よりも分娩時間が長く、帝王切開などが多いと言われています。

マリモ
出産は何歳になっても命がけですよね。

経産婦と初産でリスクは変わるのか?

経産婦というのは、すでに出産の経験がある女性のことを言います。高齢で初産する場合と、経産婦の女性が高齢出産するのに何か違いはあるのでしょうか?実は経産婦だからリスクが高まる、低くなる!ということではないんです。初産でも経産婦でも、出産する年齢が高くなればなるほど出産のリスクが増えると考えていてください。

マリモ
なるほど!第2子、第3子となる度に、出産する年齢が上がっていくので、必然的にリスクが高まってしまうということですね!

高齢出産を乗り越えるために出来ること

関連画像

食生活に気を付け体重管理をする

高齢妊娠の場合、妊娠高血圧症候群になる確率が上がるので食生活に気を付けてください。偏った食事や、栄養の取れない食事は避けましょう。1日3食しっかり食べて、バランスのいい食事を心がけましょうね。

それから体重管理もしっかりする必要があります。毎日体重計に乗って、体重が増えすぎたり痩せすぎたりしないように心がけます。1週間で500g以上体重が増えた時には病院にいきましょう。

bitomos編集長
妊娠中、まさかの22キロ増量を経験した私です…(涙)妊娠初期からしっかりと先生や助産師さんにアドバイスをもらって、無理なくできることからはじめましょう!

睡眠や休息をしっかりとりストレスを溜めない

高齢出産は病気になりやすかったり、疲れやすくなると言われています。病院の先生に相談して、出来るのであれば軽い運動をしたり、友達とおしゃべりしたりと、上手にストレスを発散してください。それから決して無理をしないこと。睡眠はしっかりと取って、疲れたらきちんと休息してくださいね。

森三中・大島美幸さんに勇気を貰える

「元気 フリー画像」の画像検索結果

「高齢出産って怖いなあ…でも高齢でも子供が欲しい!」そう考える人もいるかもしれませんが、高齢出産をしている人って結構多いものです。有名人でもたくさんの人が高齢出産を乗り越えています。

例えばあの有名なマドンナさん!マドンナさんは第一子を38歳で出産しています。また第二子をなんと42歳で出産しています。どちらも高齢出産ですが、無事乗り越え今では更に養子も迎えて、幸せな生活を送っているそうです。

日本でも高齢出産をされた芸能人は

  • 黒木瞳さん…38歳で出産
  • 江角マキコさん…38歳で出産
  • ジャガー横田さん…45歳で出産
  • 大島美幸さん…35で出産

とたくさんいます。その中でも特に、森三中の大島美幸さんの妊娠・出産が筆者は印象に強く残っています。

森三中・大島美幸の日本一、明るくまじめな妊活本!

▼森三中・大島美幸の日本一、明るくまじめな妊活本!

¥ 1,200(2017年6月21日)

マリモ
森三中の大島美幸さんは、女芸人として多方面で活躍されていました。女性なのに身体をはって笑いをとりにいく姿勢が大人気で、バラエティに引っ張りだこでしたよね。

そんな大忙しの大島美幸さんの突然の休業宣言。妊活のために仕事をしばらく休むことに決めたそうです。

大島さんは過去に2回の流産を経験しています。また、2回目の妊娠では子宮筋腫にも苦しめられたということで、かなり辛かっただろうと想像することができます。

長い不妊治療を終えて、2015年6月23日に無事第一子を出産されました!妊娠中はストレスなく過ごしたり、実家でのんびり過ごしていたとのこと。やはりストレスのない生活って大切なんですね。

マリモ
また、夫である鈴木おさむさんの支えも大きかったそうです。出産って、夫婦で協力することが大切なんですね。kaorukoさんも、高齢出産のリスクなどを記事にされています!高齢出産のメリットなどについても詳しく書いてあるのでぜひチェックしてください。

高齢出産のリスクやメリットを徹底解説!初産が若い方がいいわけは?

高齢出産を乗り越えましょう!

高齢出産のことを調べていて、たくさんのメリットがある一方で、色々なリスクがあることが分かりました。筆者自身も、三十路近いし独身で、多分高齢出産になるだろうと考えています。

たしかに高齢出産のリスクはありますが、芸能人や知り合いなどで高齢出産を乗り越えてきた人たちを見ると「乗り越えよう!」という気持ちになります。

高齢出産を考えているのであれば、1人で悩まずに、旦那さんや家族、友人に相談してみましょう。あなたが高齢出産を考えているのであれば無事出産を終えることを心から祈っています。

bitomos編集部プロフィール

そのライターの経歴や性格を知れば、今後どんどんbitomosの記事を読むのが面白くなるかも!?この記事ではライターそれぞれの自己紹介と、記事を彩るゲストキャラクターたちを紹介していきます。あなたのお気に入りのライターが見つかりますように♡

詳しくはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

bitomosの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

bitomosの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

マリモ

マリモ

鬱病から大復活!音楽・美容・動物が好き!宇宙とかUMAとかも好き。私の経験全てを活かして面白い記事を書いていきます。私の記事で1人でも多くの人がが何か感じてくれたら幸いです。⇒詳しいプロフはこちら

この人が書いた記事  記事一覧

  • 風水的に最高なトイレのインテリアを紹介!運気がグッと上がるかも♡

  • お金が貯まる財布は自分で作る!貧乏財布を抜け出して金運を上げよう

  • 屋内外で使える暑さ対策グッズ12選!真夏の熱中症予防にも効果抜群

  • シミやニキビにも効く!ヒルドイドの美肌効果♡副作用もチェック!

関連記事

  • 自分らしく生きるための4つの方法!人に流される人生はもう終わり!

  • 副交感神経を高める方法は?リラックスをして心と体のメンテナンスを

  • 頭が良くなる生活習慣とは?今すぐ脳を活性化できる7つの方法♪

  • 仕事のミスで落ち込むことの多いあなたへ。前向きになれる24の言葉

  • ヨーグルトメーカーの失敗しない作り方!R1ヨーグルト大量生産♡

  • 勇気を出す方法ってあるの?自分の夢に近づくために一歩踏み出そう